形式、素材、抽象
千葉学の展覧会のタイトル「そこにしかない形式」。形式というある種抽象化された概念にたいして、「そこにしかない」という一回性がつけられている逆説的な言い回しだ。逆の意味をかんがえるなら「どこにも無い具体」だろうか。シュールなアートの世界を連想してしまいそうだし、むしろ「痕跡」という概念の方が近いのかもいれない。

では、「そこにしかない形式」によって導かれるのは、周囲の環境(場所性、建物の性格など)から与えられる抽象。つまり環境からその都度ごとに発見される形のルールのことだろう。そこにしかない形式という抽象性を発見して、作動させることで、場所性を獲得していると考えられる。

これは、建築の場所性と、近代建築の持つ抽象性というものをどう調停していくのかということに対する一つの解答として読むことが出来る。環境から読み取った抽象性を走らせて、場所性を表現する。抽象から場所性へ拡張。

それに対して別方向のアプローチを行っているのが隈研吾だろう。彼はその場所性の表現として、その土地のアイデンティティーとなるような素材を利用する。その土地で昔から使われ、風景の一部となってきた素材を用いるのだから、よほどのことが無い限り、その場所性を表現しているはずだ。そして、隈はその素材をきわめて抽象的に表現する。ディテールや、素材そのものの加工によって。つまり、構成の方法や、素材の見せ方や、ディテールの納め方は、限りなく抽象性を志向している。

アプローチ(方法と順序)は違えども、この二人が最終的に目指してるのは、場所性と抽象性をどう調停するかなのだろうと思う。けれど、個人的な感想、感じをいうと、隈のマテリアル、テクスチャーを抽象的に表現していく方が、より強く空間が感覚に訴えかけてくるように感じる。
いくらその環境から抽出したとはいえ「形式」化するときの知的な操作が、感受性の精度を鈍らせるのかもしれない。

いかに具象的な物を抽象もしくは現象的に扱えるのかというところに、単なる面白さではない感覚に訴えるよさを表現できるのかがかかっているのだろうか。
[PR]
# by shinichi-log | 2007-01-13 23:17 | Comments(4)
みてみ
やっと体が正月の連休なまりから、回復してきた。
相変わらず朝は寒すぎてなかなか起きれないけれど。

最近夢のなかでこれは面白い!という空間をみることがあって、覚えている限り(といっても2、3)記録してみることに。そのうちすごいアイデア集が出来るんじゃないかと期待(?)

そんな、不思議な夢を見るのも楽しいけれど、共有できないので、共有できそうな、みてみ。

まず、architectonのホームページがとりあえずですがオープンしました。hokutoとharuharuデザイン。HP見てみると分かるんだけど、うちの事務所昔の方が大きな物件やっていたんだと、驚くはず。

それから、現代建築研究会の2006年度前期の活動のまとめの機関誌「rice vol,1」も完成。メンバーに言うか、そのうちメディアショップなどにフリーペーパーとして配布予定。ぜひ読んでみてください。ちなみにこっちはnarityanのブックデザイン。

あとは、なんだろ。これとか。どうなんでしょうか。レムはこの真ん中voidかなり好きみたい。CCTVにしろポルトにしろ、中国の本屋でも。
[PR]
# by shinichi-log | 2007-01-11 22:58 | Comments(0)
あけまして
みなさん今年もよろしくお願いします。

昨年はドイツで、一昨年は卒業制作のために学校の製図室での年越しでしたが、今年は無事に実家にて、年越しそばを食べてテレビ見ながらの年越しでした。

本当に色々あった去年一年間でしたが、今年もどうなることやら。。。来年は沖縄で年越ししてるかもしれません。

繰り返しになりますがみなさん良いお年を、そして今年もよろしくです

2007年1月1日 川勝 真一
[PR]
# by shinichi-log | 2007-01-01 00:10 | Comments(0)
ホームタウン
なんとか今年の仕事も終わり、今日関西に戻ってきた。学生の頃はなんぼでも休みがあったので、あまり分からなかったけど、今年は年末の休みが格別にありがたいものだなと思う。
実家でゆっくり過ごしたい。できれば映画をたくさんみたいと思う。

それにしても今週はある意味すごく長かった。月曜日はいきなりプロジェクトの忘年会。やはり来年後半は沖縄みたいだ。出来れば行きたくないという思いがないことはないんだけど、向こうに行く他の事務所のスタッフさんもみな歳が近いようなので、結構楽しいのかなとも思えてきた。どうにでもなれ!です。

火曜日は、ドイツに行ってるときにすっごくおせわになった親友のkenが東京に帰ってきてたので、新宿で飲みました。年末といえども平日なのに新宿はスゴイ人で、居酒屋2,3件断られてやっとの思いで店に入った。彼は今ベルリンで環境マネジメントだったかを勉強していて、その話がとてもおもしろかった。ようは企業にとって環境というものがいかに利益になるのかということを研究しているのだけれども、その視点は、デザインと非常に似ているなと感じた。デザインというのは、建築であれグラフィックであれ、プロダクトであれ広い意味での環境のデザインであるし、デザインするという行為は、もっと広い分野で応用できるんじゃないかと感じた。(実際コールハースなんかがAMOの活動を通しておこなっているけど)と同時に、環境問題というのは、デザインという分野からみると手強いライバルになりうるんじゃないだろうか。デザインという付加価値よりも環境という付加価値の方が高くなっていくと、デザインの肩身が狭くなっていく可能性もあるのだろうか。どちらにせよ、デザインというのをより広い枠組みの中で捉えていくべきなんだろう。

水曜日は、図面かいたり模型作ったりして、木曜日は一応の仕事終わり(金曜日は掃除だけなので)だったので、サラリーマンぽいなーと思いながら、帰りに先輩のKさんと一杯。

金曜日は、大掃除をして昼過ぎに業務終了。夕方みっちゃんと、年明けに立ち上げようとしているprojectの打ち合わせ。こういうの考えるのスゴイ楽しいんだよなー最近。その後、去年ドイツで知り合ったSさんと、久しぶりに再会して飲みに連れて行ってもらう。不動産のファンドにつとめてる方なので、仕事関係の話はすっごくためになった。将来仕事ももらえそうな予感も。歌舞伎町は、まだまだお子様の私には少々刺激が強かったようで、、、ふーー。ほんとすっかりお世話になってしまった。今度は六本木に連れて行ってくれるらしいけど・・・ちょっと怖いな。

それで今日、昼前の新幹線で戻ってきた。聞いてたよりはましだったけど、スゴイ人。東京駅。

そしてやっぱ京都は落ち着く。ホームタウンです
[PR]
# by shinichi-log | 2006-12-31 02:50 | Comments(0)
ロング一週間
長い一週間が終わった。先週の月曜日の夜に入った急な打ち合わせの後、2週間で3度の打ち合わせプレゼン、役所用図面提出。日曜抜きで働き続けで、もういっぱいいっぱいでした。
下請けの下っ端という一番しわ寄せがくる立場にいるのだからしかたないか・・・。本当に長い一週間を過ごした気分。ふー

今から忘年会です!いろいろ忘れてこようっと。
[PR]
# by shinichi-log | 2006-12-16 18:22 | Comments(0)
私・生・死
両国にアラーキーの展覧会に行ってきた。江戸東京博物館は両国に有るのだけれど、駅の改札出るとお相撲さんがいた。幕内であれなんであれ、お相撲さんをいたのは初めてだった。さすが両国国技館。博物館は単体で見ると、少々ポストモダンチックな日本伝統様式メガストラクチャーが気になるところだけれど、隣の国技館(色使いがそこそこポップ)の隣に有る分には、なんとなく分かる気もする。
e0055325_11415629.jpg


展示は、彼の膨大な活動と作品思うと、かなりこじんまりしたものだった。限りない被写体との距離の近さ、それこそが彼の作品の醍醐味ではないかと思う。その近さの中に、生々しい生と死が隣り合って現れてくるようだ。すべてが終わってしまった、過ぎ去ってしまった今。彼のあまりに私性の強い白黒の写真にあるのは死。だからその生。
社会見学に来ていた小学生やら、中学生たちがもらす素直な感想が面白かった。たぶん僕がもう無くした言葉だ。

その後両国から、青山へ。プリズミックギャラリーで「中村竜治展」を見た。hechimaは構造的な美と表層的な美が共存している。本当に美しい。青木事務所で六本木のヴィトンを担当した人なだけに、表層的な扱いがうまい。それが単なる表層になっていないのだけれども。
e0055325_1241762.jpg
e0055325_1244057.jpg


最近日曜もなしでずーっと事務所で図面ひいていたので、本当に久しぶりに街へ出た。
e0055325_1272978.jpg

[PR]
# by shinichi-log | 2006-12-15 12:16 | Comments(3)
編集
研究会の機関誌「rice」がとうとう印刷段階に入った。10月中に出す予定が遅れまくってしまったけど、アートディレクションをしてくれたナリのおかげで結構いいものが出来そう。コラムを書いてくれたお二人にも感謝です。この冊子はフリーで配布する予定なので、ぜひ手に入れて読んでみてほしい。

実際自分の文章力の無さには困り果ててしまう。昔から作文、感想文を書くのは苦手だった。習字を数年間習っていたくせに、恐ろしく美しくない字のせいもあったのかもしれない。正直なところ感情や思ったことをうまく人に伝えるのが苦手な性格が、素直に思ったことを文章に落とし込むことを妨げてきたんだと思う。内気な性格なのだ。
こんな独白をするつもりではなくて、つたない文章の言い訳をさきにしておきたいだけなんだけど。けれど、雑誌の編集作業はとても面白い経験だった。いろんな人や要素を集めてきて一つに編んでいく。一つ一つのエレメントの面白さもさることながら、それらの編み方でまた違った意味を持ってくる。非常に建築的なメディアのよう。最近カーサのライターさんとか、建築ノートの編集してる方と話をする時があったりして、非常に憧れてしまう。

余談だけど、建築ノートは1月中旬発売みたいです。この「〜ノート」シリーズ、webデザインノートが出たと思ったら、今度はイラストノートがでるらしい。少し笑えます。
[PR]
# by shinichi-log | 2006-12-02 22:31 | Comments(0)
沖縄に連れてって by 蒼井優
最近ちょっと気になる蒼井優が表紙の「BRUTUS」最新号をぜひチェックしてみてください。

沖縄特集。最近多いね。まず注目は始めの方にあるオキナワデート。なんだかんだ言って佐内正史のとる女の子はかわいい。それは置いといて、この前仕事で行ってきた瀬底のビーチと美ら海水族館がロケに使われてます。(あらためてヨネダさんとだったことにへこみそう。ギャップが・・・)

さらに雑誌の真ん中あたりには、一緒に仕事しているディベの社長が、瀬底のビーチで対談してます。なんか実はすごいプロジェクトなのかもと思ってしまいます。担当してて大丈夫なんだろうか・・・。少し話は違うけど、社長と対談してる高城 剛の「ヤバいぜ!デジタル日本」は、ちょっとださい感じのタイトルだけどすごい面白いので読んでみてください。

e0055325_2003972.jpg


先週は、沖縄に行ったり学祭に行ったりでバタバタ。11月の末なのに蝉が鳴いていたのには笑ってしまった。スイカもシーズン中。それから学祭お疲れさま。今年のnoirは施行性のきれいさにびっくりでした。よくも悪くもnoirっぽい感じ。大きなお風呂のそこにいるみたいな気分。
santoの折半もきれいかった。6年間やりきった感があって少しうらやましかったり。卒業してからも彼らには期待したい。
[PR]
# by shinichi-log | 2006-12-01 20:02 | Comments(0)
こほこほ
e0055325_22344470.jpg
なんだか色々細かい仕事が多くて大変。沖縄行きのスケジュールも決まらんし、それによっては学祭に行けなるし。確認申請の修正があったり。買い物に行かないといけなかったり。

先日は、某物件の申請通過の打ち上げで、arupjapanの方々と渋谷で飲みでした。
急に決まって関係ない僕までいけることになってすごくラッキーだったんだけど、所得の違いがかなり痛かった。おごってもらえるのかなーという期待は見事に裏切られ、しっかり割り勘されてしまいました。二次会は今まで行ったことがないような、代官山でもかなり良いレベルだというバー(店員はスーツを着たきれいな外国人のおねいさんでした)に連れて行かれ、ワインを少し飲んだだけで、アロアロでくだくだ食い飲みした1.5倍くらい払うはめに・・・。所得を考えてほしい。

それでもいろいろと面白い話が聞けて楽しかったんだけど。たとえば新宿のコクーンタワーは一週間でワンフロアー出来ていくとか、セシルの話とか。日本のプロジェクトもちゃんと見ているらしいです。大きな企業には違いないけど、本当にクリエイティブで、チャレンジ精神のある事務所だと思った。それでいて、週休二日で給料3倍ってのがうらやましい。

結局その日は、帰るにかえれなくなって、渋谷で始発待ち。3時とかになるとハチ公前の交差点がタクシーばっかりで驚きます。そんなに乗る人以内のに、勝手に渋滞している。何とも滑稽な状況。

寒くなってきました。少し風邪をひいたみたいです。
[PR]
# by shinichi-log | 2006-11-17 22:35 | Comments(0)
issey miyake と 京都
昨日は京都で三宅一生さんと討論会に参加できるというので行ってきました。
こうして京都からはなれて暮らしていて、久しぶりに戻ってくるとこの街の時間や、風景が以前よりもとても新鮮に感じることが出来て楽しい。低い町並みと、周囲の山、さっと開けた鴨川が作り出すこの街の風景。空が広く感じる。
e0055325_2262044.jpg



三宅氏は非常にマイルドでおおらか印象だった。トークもせかせかせず。終始軽い笑みを浮かべつつ、落ち着いていた。洗練さとある種の余裕をもった気さくさでダンディーという言葉がよく似合う。そのせいで討論自体は白熱という感じではなかったけれど。
でも終わった後に押しかけて名刺とアピールが出来たのはよかった。というかそれが目的だったんだけど。その時に京都工繊の学生と言うと「重要な学校だけど、テクノロジーをもっとがんばった方が良い」と言われてしまいました。んーーテクノロジーかー・・・。

ついでに服飾関係でいくと、この前行ったmartinmargielaの恵比寿店がめっちゃよかったので写真をのっけてみます。なんせエントランスがもと搬入口。
e0055325_2244211.jpg
入ったところには、前の店舗が再現されて窓の外のもそこから見えた風景がプリントアウトされてあり、さながらアート。

どうやら学祭のあたりにやっと沖縄に行けそうです。
[PR]
# by shinichi-log | 2006-11-14 22:14 | Comments(0)
omoide yokotyo
新宿西口の電気屋の横にある、昭和のドヤ街の感じを今に伝える「思い出横丁」。
前々から混沌とした新宿という街にあってなお、得意な時空間を漂わせているこの路地に興味はあったのだが、先日Mと一緒に一件の飲み屋に訪れることが出来た。
e0055325_10251673.jpg

常に愚痴と自虐ギャグを繰り出してくる店主のだす、よくわからないといいつつ出される串や、煮えてないけど我慢してと言って出される煮込み(ちゃんと煮えてるけど)は、雰囲気もあいまって格別なものだった。上階の調理場との連絡には紙コップを使った伝筒管。
そんな店が肩を寄せ合って成り立っているエリア。本当においしかったしまた行ってみたい。
Mとも久しぶりに二人で飲んだ気がして楽しかった。

実際このエリアも再開発の計画が立ち上がっているらしい。都市(特に東京)は常に代謝を繰り返していくものなのだけど、すべてが新しい高層のビルに立ち代わってしまい、時間の重層を感じれなくなるのは、都市の持つ多様性を減じることになるだろう。思い出横丁が本当の「思い出」にならないことを願う。

e0055325_1174689.jpg

先週行ったオープンハウスの写真。「アトリエ天工人」の狭小住宅。多方向に開口があってなおかつ上から下まで光が通るので、非常に開放感があるが、コストを抑え過ぎで素材がちゃちすぎたり、あと削り取られたマッスなのか、面を折り曲げていったのかという表現の一貫性がよくわからない。なぜかスラブのラインが見えてたり・・・。

山下さんはトラックの運ちゃんみたいな、もしくは八百屋のおっちゃんみたいな風貌。
e0055325_1183844.jpg
e0055325_1185095.jpg
e0055325_1191614.jpg

[PR]
# by shinichi-log | 2006-11-10 11:09 | Comments(2)
週明けて
連休がおわり、仕事がとてもしんどく感じる。なんかすごく眠たい。

デザイナーズウィークは、最終日にいった吉岡徳仁展がよかった。高い実験精神と、テクノロジーと素材というリアルなものをとおして、非常に現象的(ヴァーチャル)なものを作り出す姿勢、あくまでも身体に対して訴えかける作品。展示してあったパンの椅子もふかふかしててすごく気持ちいいし、雲のインスタレーションもすごかった。出来てくるものから得られる体験は非常にプリミティブなんだけど、その背後には高い技術と、チャレンジが隠されている。(ちょっとジャンっぽい)
ちょうど本人が会場にいて、作品集にサインとドローイングをしてくれていたので思わず買いそうになってしまった。
e0055325_21594313.jpg


プレゼン終わったので、今日は隣の席の先輩と少し飲みにいきます。

こんなのがあります。
e0055325_223383.jpg

[PR]
# by shinichi-log | 2006-11-07 22:00 | Comments(0)
デザイナーズウィーク
行ってきました。確認申請と概算見積もりをなんとか仕上げ、週明けのプレゼンを少々気にしながら。
e0055325_21524670.jpg


100%designのほうは、はっきり言ってただの見本市。特に面白くなく2000円も払わされてしまう始末。昼一で行けば、きりんじとかpolarisのライブをみれたのも見逃してしまう。

一番面白かったのはこれかなーという結末。
e0055325_21535192.jpg
とゴミ
e0055325_21545993.jpg


その後スパイラルのG-BROSS展で、手作り感を出すための芸の細かさに感嘆。凝り過ぎです。
関係ないけど来年用のMOLESKINEを買い、もう年末かーと実感。にしては暖かい今年の秋。

最後にDESIGN TIDEでぺちゃくちゃナイトが開催されているというので行ってみる。展示はほとんど見てないんだけど、完全にこっちの展示の方がおもしろそう。デザイナーってこうでなくちゃという感じ。100%のほうがあまりにも企業な感じだったので。明日ちゃんと見に行きます。
ペチャクチャはやっぱり面白い。スピード感と緊張感。あとオーディエンスののりの良さもあると思うけど。修士設計のプレゼンのいい参考になるのでないでしょうか。永山さんとかも来るらしいし恥じかけないでしょう。男性陣は。
e0055325_21552574.jpg
e0055325_21564546.jpg
e0055325_215772.jpg

[PR]
# by shinichi-log | 2006-11-03 21:57 | Comments(4)
格闘
近所の公園の遊具・
e0055325_23541886.jpg

なんか宇宙船っぽい

別にだれかと戦ってる訳ではないけれど。
ここんとこ確認申請なるものの図面と書類の制作に奮闘中の毎日。
なんせ棟数が20近くあるせいで、いろんな作業をひたすら繰り返すと言うこと多々あり。いままであやふやだった事がクリアーにっていくのはうれしいけど。でも法規も結構いい加減だったりして。
来週の祝日までにはあげて、デザイナーズウィークに行きたい。

仕事のほかにも、研究会の冊子(やっと原稿が揃って今編集中、みなさん原稿おつかれさまでした)のことやらで、さらに追い討ちをかけつつ、そんなこんなでosamuの方には全然参加できていない状態で、すんません。やはり、実空間距離の隔たりは大きい。

そんな状態の中、昨日は銀座で写真家のLUISA LAMBRIと、元X-Largeのメンバーだった陶芸家のAdam Silvermanの個展をのぞいて、なりちゃんと冊子のデザインの打ち合わせしてきた。銀座の方に出ると少し遠出した感じがあって、いい息抜きになる。新宿界隈とは雰囲気もまた違うし。Lambliの方は作品数は少ないけどやっぱよかった。バラガンの住宅の窓や、メリニーコフの六角形の窓に、梅林の家の開口部の写真。それは彼女がとらえた現象と化した空間の記録。Adamは人懐っこいデザインがよい。水色のウツボみたいな作品がかわいい。たしか京都のeditionにも売っていたはず。
秋になってまた少しいい展覧会が出てきました。巨匠どころでは、アラーキーの回顧展に、大竹伸朗、ビルビオラも。

ああ今日も日付が変わってしまう・・・
[PR]
# by shinichi-log | 2006-10-27 23:55 | Comments(0)
なんかおつかれ
ここんとこなんか忙しない日々が続いております。
構造事務所と打ち合わせしたり、プロジェクトの社長プレゼがあったり、締め切り締め切りという感じで、疲れた。

昨日そのプレゼンが渋谷であったんだけど、そこのオフィスの入ってるビルにはサイバーエージェントも入っていたりして・・・。なんかすげーと思ってしまいました。

今日は夕方は、事務所の先輩方と、近所でやってるitotoyo展に行ってきた。展示数は少ないんだけど、実寸のモックアップや、図面などが展示してあって、伊東さんの空間概念を体験的に知ることができるので、非常におもしろい、というか為になった。建築家の展示というとおおかた、図面と、少し大きめの模型って感じだけど、今回のはリアルな物質感や空間の力強さをよく表現できていたとおもう。一見の価値はある。

ふーーー
[PR]
# by shinichi-log | 2006-10-18 20:57 | Comments(0)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
あれもこれも味方につける
at 2016-07-04 17:52
ちっぽけな苦痛に耐えられない人々
at 2016-07-02 18:18
パラーディオの街
at 2016-06-12 23:48
意識的な「素材」のチューニン..
at 2016-04-23 20:45
組織と塊
at 2015-11-15 01:32
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
more...
検索
カテゴリ
全体
daily
RAD
Lecture log
review
告知
dezain.net
最新のコメント
Disengage p..
by bridgetvz18 at 15:36
Pron blog l..
by esmeraldasy18 at 10:35
Pron blog n..
by tashare18 at 16:49
Unripe bare..
by jayxh16 at 17:09
My new gay ..
by theresayj1 at 10:40
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧