<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
既視感の先に - 安保法案の採決について
街中では安部やめろ、戦争法案反対のデモ行進。
テレビでは既視感でしかない強行採決。

確かに今日の採決のやりかたは(毎度のコトながら)許しがたいものだった。
だがしかし、どうしてもデモに熱く加わろうというふうに思えない。
思えないというか、思わないということを許容しようとしない空気にたいしてどうしても距離を取りたくなる。

「デモ」は民主主義の非常に重要な表現行為だと思う。
それゆえそれは権力によって妨害、制御されるべきものでもない。
警察のコントロール下でなければ、許可を取らなければできないようなものでは違うはずだ。
それはもっとナチュラルなものでよいと考える。

けれども、デモそのものが現実の仕組みを変えうるものかというとそれは違う。
デモは表現行為であるのだからそれが変えうるのはいわば「空気」だ。
そして、当然ながら世の中の空気を変えることは非常に重要なことだ。
特に日本のように空気を読むことに非常に重きをおく文化であればなおされではないだろうか。
しかし、おそらく私たちが築き上げてきた立憲主義にのっとった民主主義というのは、
そうした空気によって恣意的に政治が、現実が変わらないようにという
かなりめんどくさくて、慎重な仕組みをつくりだしてきたのではないかと思う。

たしかにデモが表現する民意は無視してはいけないが、
デモは適切な選挙行為とともにあるべきではないか。
デモに足を運べる人は限られている。
突き詰めれば可能かもしれないが参加のハードルが人によってかなり差が生まれる。

それにたいして選挙はだれもが投票できるような制度を私たちはつくってきた。
だから、デモによって空気を変え、選挙によって現実を、政治を変える。

その上で、選挙に行こう、落選させようだけではダメだということを真剣に考える必要がある。
落選させるにも、代わりにだれかに投票しないことには実現されない。
代わりとなる選択肢がないことをどうすれば解決できるのだろうか。
観点はいろいろあるだろうが、個人的にはその一点につきると思っている。
われわれはいかに参政権の拡大をはかれるのだろうか。
[PR]
by shinichi-log | 2015-09-18 02:29 | Comments(0)
中川先生の新刊「京都の近代」
現在の指導教官でもある中川理先生による新刊「京都の近代」が発売中。すずらんの街灯の紹介から始まり、単なる京都の近代化についてまとめだけでなく、近代化されていく空間の生成と受容の関係に注目し、政治、民衆、そして建築家などの技術者の役割についても検証が加えられている。また中川先生のこれまでの著書「重税都市」「偽装するニッポン―公共施設のディズニーランダゼイション」「風景学」などで考察されてきた複数のテーマが、京都という都市の近代化を舞台とし、一冊にまとめられていると考えることもできそう。

京都市と府の技師・技手の役割や、四条通の建築デザインのディレクションが武田五一に依頼されていたなど、興味ふかい事実も紹介され、現在の京都がどのように近代的産物であるかがよくわかる。
[PR]
by shinichi-log | 2015-09-13 04:07 | Comments(0)
かくかくしかじか
ちょっと前まで結構漫画熱でいろいろ読んでいたのだけれど
その中でも東村アキコの「かくかくしかじか」はとてもすばらしい作品だった。
あのどくとくのハイテンション+芸大への辛辣なつっこみがツボだったということもあるが
なんとなく誤魔化してきた過去の償いきれなさみたいなもの、どこまでも身勝手に生きれてしまうこと、みたいなことが絶妙のテンポで綴られている。
[PR]
by shinichi-log | 2015-09-13 03:37 | Comments(0)
建築のキュレーションとこれから
先日、東京での公開からは随分と遅れて京都で「だれもしらない建築のはなし」が上映された。
この映画のもとになったベネチア建築ビエンナーレには、関西のリサーチチームとして参加していたものの、映像を見る機会を逃していたのでやっと願いが叶ったという感があった。

プロローグの安藤、伊東といった流れに始まって、大変リズミカルに進行していく語りをまとめる編集のうまさもさることながら、各建築家がとてもオープンに意見を述べているのが印象的だった。伝説化してしまっているP3のような出来事が本人の口から語られることでとても生っぽいものだったことが再確認できる。

映画の中でも大きく取り上げられている磯崎の「キュレーション」的振る舞いに共感と、改めて興味を感じるとともに、現在において建築のキュレーションとはどのようなカタチで実現しうるものなのだろうかとも思わされた(建築展のキュレーションとは別なものとして)。社会と建築家の接点をつくる仕組み。行政と建築家をつなぐコミッショナー、不動産事業におけるプロデューサーという立場だけでなく、建築家と社会のネットワークを生み出すアーキテクチャを構想することに現在的なキュレーションの意義が存在しているのかもしれない。

余談だが、映画の中でもとても印象的で、カタログにも記載されている「ただ、正しい時間にただしい光が差し込むそういった美しさがあった」というレムの発言には、どこかフェルメールの絵画に描かれる室内について述べているような趣もあり、オランダ人としてのレムの美意識が感じられて興味深かった。日本人もフェルメールが大好きだ。
[PR]
by shinichi-log | 2015-09-07 13:10 | Comments(0)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30