<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
輪中の郷
研究の資料調査のために三重県桑名市長島町を訪問。三重県と愛知県の県境、木曽河の下流の中州に位置する人口1万人ほどの町だ。町そのものではなく、長島リゾートや、伊勢湾岸道のPAに立ち寄った事のある人は多いのではないだろうか。この辺りは輪中といって中州の周囲に堤防が張り巡らされ、中の人々は海抜化で主に農業を営んで暮らしをたてている。輪中の成立は400年とも1000年前とも言われているが、洪水の旅に崩壊と再生を繰り返してきているようだ。明治期の河川改修で複数の輪中がまとめられ現在の長島が形成されたが、今でも昔の輪中の輪郭をなぞる事が出来る面白い街だ。写真のように家が一列に並んでいるのが昔の堤防の後ということになる。

e0055325_190310.jpg


防災に力を入れつつ、農業で暮らしを営んできたこのエリアに温泉が湧き出たのが昭和38年。それをきっかけに行政主導で観光地開発がスタートする。同年には長島観光開発株式会社(現在の長島リゾートを経営)が設立されている。その後、昭和45年に都市計画決定が行なわれることになるが、その策定のための資料として環境開発センターが開発計画の報告書を手がけていた。今回はその報告書の内容と実際のその後の都市開発がどのような関係にあるかを知るための資料を探すことが目的だった。

すでに長島町はお隣の桑名市と合併しており、閑散とした長島支所にて都市計画課の職員の方と、30年長島の建設に関わってこられたもと建設部長の方から色々とお話を伺う事が出来た。ベテランの職員の方もさすがに昭和40年の報告書についてはご存じなかったが、その後長島で都市開発がどのような状況にあり今にいたっているか詳しく話しをしていただき興味深かった。特に観光開発の視点から開発計画をつくったものの、実際には昭和33年からはじまっていた木曽川下流農村水利改良事業が都市計画よりも強い影響を持っていたという話しは、都市が都市計画だけでなく、農業や防災からつくられているということを改めて意識させられて面白かった。実際町内の2車線の舗装済みの道路の多くが農道という名目でつくられているということだった。とはいえ、幹線道路や駅前整備には報告書の内容を踏襲する部分も見られたので、今後どの程度実現され、何が門d内であったかの検証を進めていきたい。

その後は、職員の方に長島町をぐるっと案内していただき、輪中への理解を深めることができ、紙袋一杯のパンフレットや報告書を手みやげに帰路についた。
[PR]
by shinichi-log | 2014-05-21 19:00 | daily | Comments(0)
アトリエ・ワン「マイクロパブリック展」
GW、日帰り強行で広島現代美術館で開催中のアトリエワンの展覧会「マイクロパブリックスペース」を観に行った。

展覧会は、建築家ユニットのアトリエワンが2000年以降取り組んでいる人々の振る舞いによる小さな公共空間のリサーチとそれをベースにした作品と、近年彼らが取り組んだ公共的な建築プロジェクトを紹介したものだ。タイトルになっている「マイクロパブリックスペース」とは、都市計画的に作られる公による広場や公園ではなく、都市の物理的な環境と、そこに暮らす人々の慣習的な振る舞いが生み出す都市の風景のことを指す。そして彼らは、それらを先鋭化、結合、アイコン化させて生み出される移動式の装置が都市の中に再挿入し、マイクロパブリックスペースと呼ぶべき空間の生産を試みている。近年では、渋谷の宮下公園や北本駅前広場のプロジェクトにおいても、発展的に応用されている(ことが展示で示されていた。)

アトリエワンは、これまでもリサーチの結果としてのドキュメントを、これまでもすぐれた方法で提示してきた。メディアの選び方そして、単線のアクソメのドローイングなどの表現において。ともすれば社会状況の提示、社会的なプロジェクトの結果の報告に終わってしまうリサーチやプロジェクトという行為を、作品へと昇華させている。そして、それが研究になり、書籍になり、理論になり、作品になる。

展示会場には、過去に様々な場所のリサーチを通じて制作された移動式(仮設)の装置(実践)とともに、簡潔な解説文(分析)、実際に使われている状況の動画(ドキュメント)が設置され、来場者は展示物に触れたり中に入ったりしながら鑑賞することができる。これは、建築の展示によくあるような実際の空間体験を重視するというよりは、装置にふれることで生まれる身体的な身振りなどによって、異なる都市空間でのリサーチと実践のドキュメントを補強することが目指されていたように思われる。

うまく言えないが、単に実際に空間を体験できるというスペクタクルなアトラクション的な展示を目指すものではなく、実際の社会の中で構築された状況、生産された空間を美術館という制度の中で提示するための、きわめて独創的で形式的な表現の構造が用意されているという意味で、きわめて今日的なテーマをはらんだ美術展ではなかったか、と思われる。

追記・・・後半の北本や宮下公園を表現した大きなドローイングについては、敷地やその場所を利用する人々だけでなく、その街全体の施設の様相や人々の過ごし方(施設に来る前にはどんなところにいるのか、どういう人たちがいる街なのか、など)が、設計のためのコンテクストとして認識されている。3つのドローイングがどれも半屋外的なものだったのもあるだろうが、それぞれが都市に編み込まれている様が、マイクロパブリックスペースの連続として見えてくる。
[PR]
by shinichi-log | 2014-05-06 22:38 | review | Comments(0)
ファッション(イメージ)と政治についての写真レクチャー
本日の精華大学での授業は、特別講師に写真家の鈴木親さんを招いての写真のレクチャーをおこなった。鈴木さんはPurpleなどの海外のファッション雑誌を中心に活躍されている。

まず、ファッションというのが、「服つくり」ではなく、いかにイメージをつくり出すこと、操作すること、そのものであるか、そしてそれ故にファッション(イメージ)がつよく政治(ポリティク)ないしは経済や社会と結びついているのかということがひとしきり話された。イメージにお金を使って価値を上げるのがファッション、そうでないものはたとえ服であってもそれはファッションではない。こうした考え方は、実は現代アートや「建築」においても成り立つ。コンセプトがない絵はアートではない、思想性の無い建物は「建築」ではない、など。ゆえに、それは今の世の中にあっては一定の真実なのだろう。そしてこのイメージをつくることは、政治や社会情勢を意識的に操作することで可能になるのだという。それも表層的なイメージテクニックとは異なる、物事の成り立ち、背景を理解した上で行なわれる知的なイメージ操作によってなのだ。

そのためには、奇麗に撮ることだけでないテクニックが必要となってくる。だから、撮影現場の状況作りも重要な仕事になるし、イメージの世界を拡げるために何が必要かをつねに考えないといけない。

そういう内容のことを、自身の撮影現場での実践やエピソード、ちょっとしたテクニック、他の写真家についての解説、広く文化的な話題にまたがって分かりやすく丁寧にお話していただき、大変勉強になった。

「政治的なものにたいする芸術の関係は・・・虚構を産出する二つの方法の関係に等しい」ジャック・ランシエール
[PR]
by shinichi-log | 2014-05-02 00:49 | Comments(0)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31