<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
抽象的に話すことのこと
同志社大学で行なわれた田中功起さんと蔵屋美香さんによるベネチアビエンアーレの報告展。田中さんは青木淳さんの作品集に文章を書いていたり、また青木さんも田中さんのカタログに文章をよせているなど、00年以降のの建築の、特に他者性をめぐる、もしくはルールのオーバードライブ論と非常に親和性の高い作品を作っている人だなと個人的に思ってきた。正直今回のベネチアの「抽象的に話すこと」や、MOT ANNUALの作品など、蔵屋さんが述べていたように人と人の関係に焦点を当てた作品についてはよくしっていなかったが、それらも個人的な興味の対象と非常にシンクロする思考の流れを感じる事が出来て(たぶんに思い込みかもしれないが)大変有意義な時間だった。

実は今回の展示は昨年の建築ビエンナーレの展示をリサイクルして作られているらしい。そしてそこに明確に震災に向かう表現者としての距離感の違いが現れていたように感じたからだった。田中さんができるだけ遠まわりすることを選んだと語っているように、震災への直接的な言及は少ない。一方、伊東さんが若手建築家とともに行なった展示では、どれだけ当事者へと近づけるかが問題とされていたように思われる。しかしながらそこで示されていたのは、いうなれば若手建築家による協同的なコレクティブな行為であって、被災地の人々のそれではなかったのではないか。がゆえに、新しい建築へのアプローチが明確に示されていたが故の受賞だった。住民へのアプローチではなく、建築へのそれとして。そうした距離感が、昨年の展示に上書きされるカタチで今年の展示が行なわれた事でむしろ強調されていたようにも思われる。

田中さんは、具体的な事があつまって、見通しが曖昧になっている状態をそのまま表現として提示できないか、ということを抽象として考えたいと話されていたが、それは具体性と抽象性という二項対立的な図式を越えて、両者が「なめらかに」つながっている中で形成される状態を提示したいという事だったんじゃないかと思う。つまり関係性そのものを複雑なまま表現するにはどうすればいいのかという問題へとつながるような。そのために、単純な状況の設定、特に根拠がなく、全員が等しくルールに則るということは、ちょうどハイエクが、理性的な秩序でも、自然の秩序でもない、人々の振る舞いの結果として結果的に生まれてくる秩序を自生的秩序呼んでいるが、その形成のためには、非人称的でであるがゆえに平等なルールの設定(ルールの結果を消して知っていては行けないような)が重要であるというような話しをしている。

田中さんが所属するギャラリーの隣に事務所を構えている建築家の長坂常さんのつくり出す空間のありかたも「非人称的な行為」にあるのではないかと考えられる。つまり長坂さんの表現というのは、何かのイメージの付与や、テクスチャーを与える事ではなくて、ある素材、空間にたいして行なった行為そのものによっていると考えられる、と思っているのでこの繋がりは非常に興味深いなと思う。青木→中山英之ではなく青木→長坂常という読み方もできてくる。
[PR]
by shinichi-log | 2013-07-29 17:25 | daily | Comments(0)
展覧会忘備録
東京都現代美術館でフランシス・アリス展の第2期と、収蔵品展2つをみる。フランシス・アリスはまさに寓意の力によって矛盾にみちた世界を再創造する。アートの素晴らしさをストレートに伝えてくれる。最初に展示してある消えかかった中央分離帯を塗り直す映像作品と、子どもの遊びを記録した映像作品も見逃せない。一方2部に分かれた収蔵品展でも最初に出会う神原秦の「マリアとキリスト」と最後の牧野虎雄の「少女」に非常に心ひかれた。前者は大正期とは思えないような抽象と具象のぎりぎりの境界で表現を成立させている作品で、後者は写実的な表現のなかに黒人(?)の少女の絶妙な表情が印象的。展示も全体的に見応えがあり、会田誠の作品があると思えば、チンポムのアイムボカンのインパクトにやられ、デマンドやホンマタカシの写真などもみることができる。個人的には最後の部屋の自画像がぎっしりと展示されている部屋がとてもよかった。

一方近代美術館は小企画の「都市の無意識」展を目当てに行ったのだが、企画展の「プレイバック・アーティスト・トーク」もよかった。前者は都市を幾重にもおりかさなった層としてとらえ、それらを地下やスカイライン、イメージの重なりとして抽出している。地層というのがそれまでの循環する時間性にたいして、不可逆的な一方向にながれる時間というものの存在を明らかにしたという趣旨のテキストや、スカイラインが輪郭を失った都市に置いて唯一境界ともいえるといった分析やとてもおもしろかった。またこれまでの美術館でおこなわれた作家のトーク映像と作品を同時に展示する企画展は、児玉靖枝や丸山直文など個人的に好きな作家も多く、また全体的に見ても秀作の多い展示でおもしろかった。また作家の解説と一緒にみれることで理解も深まり、新たな発見も生まれる。こうした記録映像はたいていそのまま眠っている事が多いので、メディア環境の変化にあわせてどんどん公開していくと、普及という点でも効果があるのではないだろうかと思わさせられる。こちらも展示の最後に飾ってあった岡村桂三郎さんの「黄象」という作品が非常にすばらしく、思わず見入ってしまった。大胆な構図と独特の質感。そして象のなんとも神秘的で穏やかな表情。よいものを見せてもらった感じがした。
[PR]
by shinichi-log | 2013-07-15 04:16 | daily | Comments(0)
サラリーマンの格好
KA2013に協賛していただくための某社への何度目かのプレゼン。とうとう今日は社長プレゼン。久しぶりにスーツに身を包み朝から大阪でした。その後、紫野へ。少し時間があいたのでMAKIでコーヒーコールを注文、営業巡りの休憩中のサラリーマンを演じ、次回大見のワークショップの打ち合わせのためAtelier Michauxへ。先日漆喰壁を塗られたそうでどんどん素敵な空間に変化しているのを感じながら。で、7/28の大見新村は講師に鞍田愛希子さんを迎え、ハーブの収穫とお話、それに休耕地に様々な種を使ったワークショップを実施。ジビエとハーブと有機野菜の昼食つき。乞うご期待。
夜は、火曜日恒例の授業準備でした。造形大で4月から受け持っている「ソーシャルデザイン論」もすでに第11回。まずが学生が自律的に物事を考え、社会に向かい合っていけるようにと、いろいろと四苦八苦しながら続けてきたが、そろそろまとめにかかる時期か。とりあえず80分話しをするのにはだいぶ慣れてきたし、先週からはホワイトボードを使うことも覚えたので、次は質問をだしていく技術をみにつけねば。。。
[PR]
by shinichi-log | 2013-07-03 20:46 | daily | Comments(0)
コアなのかハブなのか
普段お世話になっている原さんや山本さんが頑張っておられるコアネットワークというものの立ち上げの会に呼んでいただいたので行ってきました。ディスカッションというコーナーで、VoiceGalleryの松尾さんと狂言師の茂山さんとご一緒させていただいて、コアネットワークの未来について妄想するという内容。個人的には、Voiceの松尾さんとこうして同席させてもらう事になろうとは夢にも思っていなかったし、同い年の狂言師さんと知り合いになれるなど、貴重な機会だったなと。ただ事業自体は、ソフトなハコをつくったから後はみんなでなんとかしてね、という感じでこれからどうなるのか先の見えない感じは否めない。

とはいえ、これは大きく行政側の思惑からは外れるかもしれないけれど、きちんと京都の文化行政を監視する、もしくは提言していくような団体になるとかはいいかもしれない。これだけ各ジャンルの専門家が集まっているのだから。新しい文化をつくろうとする面々がどう実行力と影響力を生み出し、現実を変えていけるのか。さてさて、、、
[PR]
by shinichi-log | 2013-07-01 21:14 | daily | Comments(0)
3人のクライアントと3人の建築家
週末は昨年から関わっていた展覧会「3人のクライアントと3人の建築家」のオープニング。SHIBAURAHOUSEでの設営のため早朝の新幹線で東京へ。今回は、昨年発売された書籍「How to Make aJapanese House」のスピンオフ企画のような位置づけの展示会で、途中会場が変更するなどなどの紆余曲折を経てようやくこぎつけた開催だった。私は本の著者で企画者のカテライネさんを日本でサポートするということで展示までの実際的な運営のたずさわってきた。

e0055325_20444569.jpg


タイトルにもあるように本展の特徴は「クライアント」に焦点を当てている点にある。設計の過程における建築家とクライアントの共同作業というイメージのみならず、竣工後の建築の姿のアウトプットにおいてクライアントがくわわるなど、これまでにない展示になっている。。設計、デザインというのは殆どの場合クライアントという絶対的な他者がいてはじめて成立する他律的な行為である。けして芸術家のように建築家の内面からの創造力だけで作られる訳ではない。時にクライアントの生活イメージが建築家の創造力を刺激する事もあるし、建築家の提案がクライアントの生活イメージを膨らませることもある。そうしたことを主に海外からの目を意識した展示になっている。

展示は、建築家のつくる「脚本」としての建築物の模型と、そこを舞台としたクライアントの解釈による「上演」としてのメディアワークからなっている。特に後半の部分は、生きられている建築をめざされた建築のその生きられた姿をどのように表現するのかという点で興味深い。とはいえ短い制作期間の中でブラッシュアップの余地も各建築家に共通してみられた。今後のトークなどので展示の意味をあらためて明確にしつつ、巡回も視野に入れた展開を期待している。

会期は7/13まで。
http://www.shibaurahouse.jp/event/3clients3architects
[PR]
by shinichi-log | 2013-07-01 20:56 | daily | Comments(0)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
あれもこれも味方につける
at 2016-07-04 17:52
ちっぽけな苦痛に耐えられない人々
at 2016-07-02 18:18
パラーディオの街
at 2016-06-12 23:48
意識的な「素材」のチューニン..
at 2016-04-23 20:45
組織と塊
at 2015-11-15 01:32
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
more...
検索
カテゴリ
全体
daily
RAD
Lecture log
review
告知
dezain.net
最新のコメント
Disengage p..
by bridgetvz18 at 15:36
Pron blog l..
by esmeraldasy18 at 10:35
Pron blog n..
by tashare18 at 16:49
Unripe bare..
by jayxh16 at 17:09
My new gay ..
by theresayj1 at 10:40
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧