<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
マテリアルコラージュ/建築模型 - 「minako irie Drawing 展」
RADのプロジェクトにも参加してくれている入江さんの初個展(http://oinai-karasuma.jp/blog/2013/04/01/309/)へ。彼女は建築を学んでこの春に大学院を卒業している。とはいえこれは建築展ではなく、彼女がライフワークにしていたドローイングの展覧会だ。



ドローイングとはいえ、日々の生活の中でみつけてきた素材をもちいたコラージュなのだが、おもしろかったのはこのコラージュの素材のしかたがとても建築模型的だったこと。模型を作るとき、そこにはスケールが存在するので実際の素材をそのまま用いると素材の「肌理」だけが1/1になってしまい違和感を生じさせることがある。そのため模型ではある程度抽象化と見立てが行なわれることになるのだが、それがコラージュにも持ち込まれているためにモチーフの如何に関わらず、どことなく建築模型特有の質感が現れていた。それは通常であればモチーフのレベルで行なわれるであろう見立てが、マテリアルのレベルで取り組まれていたことによる。

また展示会場にはドローイングだけでなく、彼女が日常的に使用していたり気になっているものがディスプレーされていて、空間的な体験が意識されていたことも、小規模な展示ながら満足度の高い展示になっていたのではないだろうか。
[PR]
by shinichi-log | 2013-04-14 12:08 | daily | Comments(0)
コノハナアドベンチャー2:子供鉅人
大阪の此花(梅花エリア)の街全体を舞台にした劇団「子供鉅人」のコノハナアドベンチャーをみる。街中の複数の施設が物語の舞台となり、観客は演劇の中で透明な「妖精さん」となって、役者と共に町を巡り、演劇を体験する。劇場型というよりツアー型の演劇だ。
これも一種の町あるきではあるが、いつものそれにはない、アートだからこその質感が確かに存在していた。HAPSで行なったHyslomのペンキ塗りなどのワークショップもそうだったが、今回もアートのもっている非常にポジティブな一面を垣間みた気がした。それは何かといわれると難しいが、世界を新しく想像するエネルギーとでもいおうか、再発見や解決という事を越えて、「生み出されている」感覚がある。それでいて非日常を演出するのではなくて、ともするとよそ者からしたら素のままで非日常な此花という町の「日常」が演劇という虚構を通して浮かび上がってくる。そしてその日常は自分の持つそれへと連続していくものだった。
[PR]
by shinichi-log | 2013-04-01 17:39 | daily | Comments(0)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30