<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
京都工芸繊維大学デザイン科学専攻修了制作展2009ー下川一哉講演会
デザイン科学専攻修了制作展2009の特別講演会に行ってきました。日経デザイン編集長の下川一哉氏と、エストニア国立大学教授の阿部雅世さんというキラっとひかるセレクションで、実際すごく面白い内容だったので、今回と次回でそれぞれレポートしていきます。

まず下川さんの講演タイトルは「インハウスデザイナーとは」。どちらかというとあまり知られていない企業デザイナーについて、具体的な例を挙げながら、今後のありかた、またデザイン自体の担う役割の変化について。インハウスデザイナーとは、つまり企業のアサインに従ってデザインをする人の事だが、近年では単に次世代モデルのデザインにとどまらない戦略的役割を担うようになって来ているとのこと。

例に挙げられたのが、Panasonicである。昨年NationalがPanasonicに統合され新たな道を進みだした同社のデザインを行うのがパナソニックデザインカンパニー。そのミッションは、「ブランドの価値を高め売り上げを伸ばす」という明快なもの。そのために行われるここの取り組みは形のデザインを超えた戦略性が問われている。それは①新たな価値創造、②海外拠点の整備、③グループを生かしたデザイン戦略。
①では先進性やプレミアムな満足感を生み出すためのデザインが追求される。例としてデジタルカメラのLumixがある。Lumixというのは独自技術の名前であり、その技術をデザインによってかし化させていく事が求められている。(Panasonicというロゴより技術が価値になる。)またカラーリングにおいても家電がインテリアの一部として存在するように、インテリア業界の分析を通じて行われていたりする。②でも単なる情報収集という役割から、マーケティング等と共同したリサーチを行ったり、③はPanasonicという企業の家電から住宅まで扱えるという強みをいかに生かすかという取り組みがなされている。

インハウスデザイナーの強みとして、デザインと技術と経営で起こすイノベーションを学べる事ではないか。この3点がそろって始めてイノベーションをつくり出せる。その現場を学ぶ事が出来る点だろう。そして、企業の持つ高い技術力、先端技術に触れる事が出来るので、ecoやユニバーサルデザインに関する先端的なデザインを行う可能性にも開かれている。

とはいうものの、未だにデザイナー自体の地位の低さ(欧米に比べてという話)が問題にもなっている訳で、如何にデザイン自体、デザイナー自体の価値を企業や社会に伝えていくのかという問いがあり、それに対して下川さんの提案として面白かったのが、知的財産という考え方であった。つまりデザインを装飾として認識してもらうのではなく、知的財産としてきちんとその価値を誰にでも分かるように顕在化すること。これは企業側が行う事もあるだろうけれど、デザイナー自身も意識的にならなければならない問題でもあるだろう。もう一方で、インターネット等のアンケートで一般の人からデザインの価値に関する具体的な数字をあげることで、デザインの必要性を示し、デザインと投資と売り上げの関係を少しでも裏付ける事に繋がっていくのではないかという事であった。

また昨今の gooddesign受賞作をみても顕著なように、デザインが色や形を越え始め、体験や幸福感といった問題をどのようにデザインによって実現するかが問われているのではという下川さんの指摘もおそらく重要で、ますますデザインの評価のされ方が変わっていくと思われる。そうした時にどのような価値基準をもって評価されていくのかをデザイナー自身が意識し、そして社会と共有していく事が求められていくのではないだろうか。
[PR]
by shinichi-log | 2009-02-13 10:14 | Lecture log | Comments(0)
radホームページChange!!
何事もchangeが求められる昨今ということでradのホームページもchengeです。
まだ完成ではありませんが、今後の予定など掲載していきます。。。

それはそうとCCTVどうなるのでしょうか・・・?メイン棟は無事のようだけれど何らかの影響が出る事間違いないだろうな。
[PR]
by shinichi-log | 2009-02-10 13:32 | daily | Comments(2)
openlab.
次回2/20のopenrab.は、名古屋からHAP+associates 主宰の米澤隆さんをお招きしてお話ししていただきます。現在名古屋工業大学の院生でありながら、すでに数件の住宅を竣工させ、昨年には「公文式という建築」でSDレビュー入選もはたされました。
主なtopicは、
*どのように学生のうちに実作を実現するのか
*SDレビューで考えた事
*名古屋建築事情など・・・
e0055325_13192864.jpg


openlab.03
日時:2009/2/20
場所:radlab.(詳細はaccessをご覧下さい。)
トークイベント:20:00〜21:30 (openlab.自体は夕方5時からです。)
無料

みなさん遊びに来て下さい。
[PR]
by shinichi-log | 2009-02-10 13:20 | daily | Comments(26)
けんちくの手帖プロジェクト〜「議論のアーキテクチャを設計する」へ
先日、大阪は中崎町commoncafeで行われたけんちくの手帖プロジェクト〜architects’BAR「けんちく本つくりたい人集まれ」vol.18『「議論の場」を設計する/PROJECT ROUNDABOUT』に参加。

1月末のLRAに参加できなかったので、すこしでも当日の議論の片鱗が掴めればと思っていたけれど、話自体はRound Aboutの活動全般についてだった。まあイベントの名前が「けんちくの手帖」だから当然と言えば当然の成り行きか。会場は奥のカウンターから手前の入り口の前まで満員の人。

パワポのタイトルは「議論のアーキテクチャを設計する」でした。2002年から始まった藤村龍至と山崎泰寛によるROUND ABOUT。今回はめずらしくお二人そろっての出演。フリーペーパー、そして「LIVE ROUNDABOUT JOURNAL」での議論のアーキテクチャがどのように設定されているのか、そして狙いは何なのかが語られました。一つの議論が、確実に次の問題、議論へと連続していく、そしてその場自体が広がっていくという事がきちんとできているのがすごい事だと思う。環境が変化しているのに関わらず変化しない建築家への危機感というところもすごく共感できた。

後半のディスカッション、質疑は、「開いている/閉じている」問題へ。それはRAJ自体のレベルから建築全般と社会に対するレベルまであると思うけれど、前者に関して言うと、カップリングや関西からの議論を呼び込む、異分野の人を引き込むなどのアーキテクチャが考えられているが、さらにいうと誰もが履歴をたどる事が出来るようなアーキテクチャの設計が必要だと思う。
建築家の議論が社会に閉じていく事に対しては、建築家が必然的にお施主さんと付き合わないといけないという事を気にしすぎているのではないかという事、そして建築界での議論までもを無理に社会に開こうとし、優しい言葉で話をする必要はないのではないかとのこと。このことは主催の吉永さんによる、試合(施主プレゼ)でのパフォーマンスは必要だけれども、練習までもパフォーマンスにする必要はなく、練習はしっかりと行った方が試合で良いプレーが出来、客も喜ぶという喩えが妙にしっくりくる。

2/20日にはROUND ABOUTの本も出版される。次のステージのアーキテクチャをどのように設計していくのか楽しみである。3月末には藤村さんに京都に来ていただけそうです。お楽しみに。



アーサー・C・クラーク『幼年期の終わり』をたまたま古本で見つけ読んでみた。後半の超常現象ミステリーな感じはおいといて、オーバーロード(エイリアン)によってもたらされた工学的に管理され最適化された世界のありようはアーキテクチャのようである。
[PR]
by shinichi-log | 2009-02-09 00:59 | Lecture log | Comments(1375)
一歩の・・・オープンラボ
RADのホームページをきちんとしようしようと思って今年も一ヶ月が過ぎてしまい、現実はどんどん先に進んでいってしまう。

で、昨日のオープンラボは無事終了。
たいした告知もしていなかったので誰も来ないかなと思っていたら
先日アーキフォーラムで配ったチラシを見て訪ねてきて下さった方がいました。
嬉しいですね。ほんとうに。
大阪までタクシー使ってまで駆けつけたかいがあったというもの。
先日の読書会にも一人新規で参加していただいたり、少しでも反応があるとすごく励みになる。

結局なんやかんやお話ししたりしていたら、8時からの上映会にも参加していただいて、とても楽しい一回目になりました。

ちなみに、本日のお菓子はの近所にある月餅屋さんの椿モチ。桜餅とは少しちがった風味でおいしかったです。

今後は、2/3に読書会B、2/6にオープンラボの予定です。

e0055325_0421910.jpg

[PR]
by shinichi-log | 2009-02-01 00:42 | daily | Comments(2)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新の記事
あれもこれも味方につける
at 2016-07-04 17:52
ちっぽけな苦痛に耐えられない人々
at 2016-07-02 18:18
パラーディオの街
at 2016-06-12 23:48
意識的な「素材」のチューニン..
at 2016-04-23 20:45
組織と塊
at 2015-11-15 01:32
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
more...
検索
カテゴリ
全体
daily
RAD
Lecture log
review
告知
dezain.net
最新のコメント
Disengage p..
by bridgetvz18 at 15:36
Pron blog l..
by esmeraldasy18 at 10:35
Pron blog n..
by tashare18 at 16:49
Unripe bare..
by jayxh16 at 17:09
My new gay ..
by theresayj1 at 10:40
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧