<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
横浜トリエンナーレ
1回目も2回目も行く事が出来なかった横浜トリエンナーレ。
今年も危ういところでしたが、無理矢理スケージュールを開けて日帰り敢行。
でもほぼ全作品を見る事が出来ました。

噂通りの非祝祭ぶりで、メイン会場のさりげない事。。。派手な演出や、必要以上の盛り上げはどうかと思うが、甘いの普通さにテンションがあがらない。展示も映像作品やパフォーマンスがおおく、また見ただけでは意味不明な作品も。感覚的に楽しいとか、日常の認識を揺らがせてくれるようなものに中々出会う事ができない。
西澤立衛さんの会場は、そのような過度に非日常を演出するでもない全体の雰囲気の中で、普通をこわさないように、でもズレている面白さを感じさせてくれるものであったと思う。

メイン会場よりかはむしろBankART studio NYKや三渓園の展示がよかったように思う。特に三渓園は、ティノ・セガールの《kiss》や、内藤礼の非常に繊細で消え入りそうな中に絶対的な強さを感じさせてくれる作品《母型》などがあり、少し遠いが絶対に足を運ぶべきだろう。さらには中谷芙二子の霧を使った作品《雨月物語》はまさに環境と呼応し一体になる体験を、ホルヘ・マキとエドガルド・ルドニツキーの電球を使ったインスタレーションは、美術作品とそれを見る事自体を問いかけてくる作品もある。

BankART studio NYKは、初めて訪れたのだけれど施設自体がとてもいい。元倉庫の大きな空間や、全体的にラフなデザインがかっこいい。展示のなかでひときわ目を引いたのはクロード・ワンブラーの彫刻??作品(もしくはインスタレーション)。これも作品というものに対する見る側の思考や感覚をがつんと揺るがしてくれる。一瞬自分の知覚を疑ってしまう。

大桟橋でのエルメスによる映像展示も時間があれば全部見たかったのだが。かなりよい作品ばかりの印象。

それにしても横浜にはいい展示空間やspotが多いような気がする。これも市をあげての文化事業のおかげなのだろうか。アーティストや若いクリエーターにはかなり良い環境が出来つつあるように感じる。
[PR]
by shinichi-log | 2008-11-28 23:34 | daily | Comments(0)
行事
事務所へ向かう途中、住宅街の一角から煙が黙々と立ちこめていました。
幸い火事ではなく神社の行事。日常の中にこうして歴史的な行事と出会う事が出来るのも京都ならではなのでしょうか。

[PR]
by shinichi-log | 2008-11-28 17:52 | daily | Comments(0)
太陽の塔3面+フレーム
万博公園へ
太陽の塔。なんで顔が2つあるか?
e0055325_8123594.jpg
こちら裏側。この母性に満ちた表情のファンも多い。
e0055325_8125917.jpg
めずらしい横顔。首ですぎ。
e0055325_8131467.jpg

ここでは、丹下健三のスペースフレームもモニュメント化してしまっている。
e0055325_8133130.jpg


独特の人工的な閑散とした風景が好きという感性はなんなんだろうか。
[PR]
by shinichi-log | 2008-11-27 08:17 | Comments(0)
noir08
e0055325_7554642.jpg
e0055325_7585798.jpg
e0055325_7592984.jpg
今年もnoirに行ってきました。
かれこれ8年目になりますが今年もまた例年と違ったnoirが出来上がっていました。

まさに逆屋根型とでもいうような、というよりは屋根上部屋と行った雰囲気。外なのか中なのかがすごく曖昧な不思議な黄昏空間。街区の中心の複数の棟が集まっているような風景。クオリティー高し。

窓の付け方とか開口部の枠とかが今っぽい。


学園祭で面白い事してた。自主展示企画のライブドローイング。これはなんかやる事に意味がある感じだなー。

[PR]
by shinichi-log | 2008-11-27 07:59 | daily | Comments(0)
QC/南後由和レクチャー
先週末の3連休、京都はまさに観光客のピークを迎えていました。
普段は人通りもまばらな街も、この時期は表参道のような人通り。ただ人が多いだけで何となく街全体が少し祝祭的です。確かに紅葉はきれいだけれど、人ごみにもまれに行くのは気が引けます。

そのような観光客でごったかえすなかQuerycruiseが開催。今回は南後先生の1回目と2回目でした。「都市空間をめぐるシチュアシオニストの実践/建築論としてのアンリ・ルフェーブル」、「コンスタントのニューバビロンの射程」というタイトルで、今まであまり注目される事なく、近年世界同時的に再評価の進んでいるシチュアシオニスト(政治的な側面ではなく芸術文化的な活動)、コンスタントに関する貴重なレクチャーが行われました。60年以降のヨーロッパの建築を理解する上で欠かせない重要なコンセプトが実はコンスタントやルフェーブルらによって示されていたのだと再認識させられました。
レポートはこちら

毎回の事だけれど、90分のレクチャーと同じくらいの時間の質疑と議論の時間をもてることが今回のQCの最大の魅力ではないだろうか。
[PR]
by shinichi-log | 2008-11-26 23:27 | Lecture log | Comments(0)
冬の訪れ
一気に冷え込んだ京都から。

今日はM2の修士設計中間諮問会で、そのお手伝いに。。。小嶋一浩さんと遠藤秀平さん、そして10月からデザイン経営の准教授になられた城戸崎和佐さんが審査員として登場。城戸崎さんが工繊に来られていたのを初めて知ったので驚く。東京で活躍されてる女性建築家といういままでになかった人材なので今後が楽しみ。
終了後、三条の日本料理屋へ。こういう場には初めてだったので、最初はかなり緊張したが、最後は楽しくお話しできてよかった。

五十嵐さんのブログに京都の事が色々書かれていました。工繊にも来ていたらしい。現代建築研究会の機関誌『RICE』にも触れて下さっています。
[PR]
by shinichi-log | 2008-11-20 01:00 | daily | Comments(0)
hanare
昨日左京区の喫茶hanareへ。

hanareとは京都で活動しているインディペンデントなプロジェクト/グループ。で喫茶hanareは彼女達が毎週月曜日に行っている飲食のイベント。

もともとQCのチラシを見たhanareのメンバーが、考え方や活動内容の近さに共感してメールを送ってくださったのがきっかけだったのだけど、実際会って話をするとすごく考え方など共感し合える人たちで、そういう人たちがすぐ近く(場所は田の側)にいるということにとても励まされた。

実際こちらは駆け出しで、hanareは色々な実績とメンバーのキャリアもあるので、実際はこちらがよろしくお願いしますということになるんだろうけれど、何か今後一緒にできればとても楽しいだろうなと期待。
[PR]
by shinichi-log | 2008-11-18 22:44 | daily | Comments(0)
QC/五十嵐レクチャー
先週末はQCの五十嵐さんレクチャーの一回目と二回目がありました。
メディアをつくる事、そして展覧会についてというふうに五十嵐太郎の活動の全貌と背景に迫るレクチャーになったと思います。
参加してくださったみなさんありがとうございました。
2日とも懇親会の時間も持て、受講者もまんべんなく五十嵐さんとお話できていたので良かったかなと思います。

レポートをCruise Diaryに乗せていますのでよければ見て下さい。


ちなみにレクチャー翌日の日曜日には新風館で卒制展のシンポジウムがありました。
e0055325_22251658.jpg
e0055325_22254361.jpg
写真を見て頂けば分かるように、すごい状況になっていました。青い十字架の足下におじさんが6人ならぶという。。。
たまたま通りかかった人も何となく見る事が出来るような状況はおもしろい。広場的な性格を持ったこの中庭だからこそのシンポジウム。イベントの説明に1/3の時間が費やされてしまっていたのがちょっとしんどい。
[PR]
by shinichi-log | 2008-11-18 22:26 | Lecture log | Comments(0)
中沢新一レクチャー
いろいろ書かなくてはいけない事がたまってきているのだけれど、先ほど終わった造形大での中沢新一のレクチャーについて、興奮冷めやらぬまま書いておきたい。

タイトルは「芸術人類学について」というもので、氏が提唱されている芸術人類学が根本コンセプトが語られた。ので詳細は同名の著書を読んでいたければいいと思う(今から本屋に行って買いたい)。会場は今回のレクチャーシリーズ中最も人の入りが多くまさかの入場制限も。まさに老若男女入り交じる中おこなわれた。

芸術人類学とは何か?それは芸術を人類学的に読み替えるというような、西欧を相対化しようという試みではなく、「芸術(宗教)」というものを人類の根本原理として、現在の学問、認識を組み替えていこうというものといえる。

私たちホモサピエンスをそれ以外の人類(もしくは生命)と分離するのは、言葉によるコミュニケーションでは無く、比喩による芸術や宗教の誕生にあるとする。
通常、カオスの状態にあるものを論理的に検証し、もしくは還元的に思考し、概念として整理していくのが人類の歴史、もしくは特性として考えられてきたが、実はそうではなく全く異なったものを同時に捉える、もしくは関係づけるということこそ人類の本質であるという転回に芸術人類学の核がある。つまり、今までどんどん純粋な概念に物事の本質を見いだそうとしてきた、そういうのでは無く色々な物事をその全体として捉えるように出来た事によってこそ、ホモサピエンスが誕生したことになる。

感動的だったのは最後の質問の時に、一神教と偶像崇拝の話が出た時に、内的な発現というものの可能性として「自由」という要素が抜きだされるとそれは、何ものからも逃れているという意味で「抽象」という思考になるという。つまり、原始美術にも見られるように古代の人類は「抽象」を知っていたことになり、ということは我々は20世紀になるまで「抽象」という表現を忘れていた事になり、その間の何らかの抑圧が存在していたと考えられるというふうになる。これは、結構すごい事で、このように思考をする事で、世界の認識ががらっと変わってしまう可能性を持つ。世界を変えるのは何も実際のモノではなく、思考による認識の変化にもよっているのだから。だからこそ、このような思考のダイナミズムを味わえることは極上のエンターテイメントに比する。

もしかしたらニューアカブームをつくり出した根本にあったのも、このようなダイナミックでエキサイティングなエンターテイメントだったのかもしれない。
[PR]
by shinichi-log | 2008-11-18 20:30 | Lecture log | Comments(0)
cruise初日
先週末、Querycruiseの一回目が無事終了。
前日まで続いた改装作業と準備のため本番はかなり疲れていたけれど、大屋先生の巧みな話術と法哲学初心者の私にも非常に理解しやすい内容で楽しんでレクチャーを聴く事が出来た。また参加者も大学院生、新聞記者、などなどいろんな人が集まっており、質疑や議論も活発に行われ、とてもよい雰囲気になったと思う。

詳しくはCruiseDiaryにアップしています。

次回は今週金曜日夜に五十嵐太郎先生によるレクチャーの第1回目。まだ、受講可能ですので興味のある方は下記までメールをお願いします。
event@rad-rad-rad.com
[PR]
by shinichi-log | 2008-11-11 15:26 | Comments(0)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30