<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
複雑な世界に踏みとどまり、世界の構造を見いだす
複雑な世界に踏みとどまり、世界の構造を見いだす

非線形科学というと、気にはなるけれど、手を出すのをためらってしまうものの一つだが、この本はそんなためらいをさっといなしてくれる。なんせ数式がほとんど出てこないので正確さにはかけるだろうが、非線形科学の言おうとしている概念やエッセンスは十分理解する事が出来る。カオス理論やリズムやネットワークというテーマが非線形科学の扱う領域ということも初めて知った。建築ではとかく伊東豊雄や佐々木陸郎らによって語られているが、彼らのメッセージは複雑で多様な形態もコンピューターの解析によって、人間の側で扱う事が出来ると言うようなことが主で、本書が語る非線形の考えとは少し違うのかなと言う気がする。

多分本書の最も重要な方程式は、1963年にエドワード・ローレンツが提出したローレンツモデルなる流体運動を記述する方程式だ。それは非常に複雑で多くの変数を持つ流体運動をたった3次元の数式で近似した事にあった。この式を適用する事でかなり流体の運動が分かるようになったとはいえ、多次元の現象を3次元に近似したのであればそれはかなり現実からは遠い事になる。
けれども、ローレンツの真の目的は、非常に複雑な現象を単純な方程式で解いたという事よりも、単純な方程式によってカオスと呼ばれるような多様な現象がつくられるという事を示したという点にあるといえる。

それまでは、複雑な現象とは、様々な個別的な運動の合成で、その一つ一つの運動自体の普遍的法則をコントロールすることで、現象としての複雑さを記述できるという考えだった。ようは普遍的な原理をその構成要素に求めどんどん細分化していき、絶対に不変な状態にまで還元しようとしてきた。そしてその最小限の普遍性から、つまり樹木が根っこから順に枝先まで伸びていくように現象を記述してきていた。このような科学観は何も、物理学に固有の物でなくニュートン以来広く近代社会に浸透しているし、私たちの日常生活においても一般性を得ていると言える。ローレンツの示したモデルはこの考えから全く異なった概念を提出している。
そう考えると、非線形の持つインパクトは相当大きいという事がよくわかる。実際の生活世界の現象というのは、実験室のように条件を均一にされた物ではないので、そのほとんどは複雑なゆらぎをもつ現象である。よって私たちを取り巻く世界の認識は大きく変化していく。その揺らぎが実は単純な仕組みによって成り立っていること。そして一見難の関係もなく、異なって見える種々の現象が実は同じような構造によって成り立っているという事を示してくれる。

ここら辺で建築の話へとシフトしてみると、近代科学的な還元主義的考えは、建築という分野においても見いだす事ができる。それは構成の上での、点、線、面、柱、壁、スラブ、屋根、、、というふうに。また機能面でもビルディングタイプごとに分割され、都市はゾーニングによって細かく分断される事で全体がつくられてきた。近年では、建築の設計手法でもアルゴリズムという言葉が聞かれるし、多様性というキーワードによって複雑性や非線形的な考えは形態形成の上でおおいに応用されている。

ある単純なルールを、パラメーターの値を調整しながら変化させる事で得られる世界は、おそろしく多様で豊かかもしれないということ。心の中で思い描いた世界を再現するのではなく、見えない結果に驚きつつ作り上げられる新しい世界の可能性。場所と機能というパラメーターを操作しながら、自分のキャパソティーを悠々と超えていく構造を作り出してみたいと思う。
[PR]
by shinichi-log | 2008-04-30 00:19 | Comments(0)
マニエリスムと近代建築
先週末参加したARCHILIVEのログ

テキストはコーリン・ロウ『マニエリスムと近代建築』から「理想的ヴィラの数学」「マニエリスムと近代建築」「ラ・トゥーレット」の3つ。

年代的にいうと、47年、50年、ラ・トゥーレットは正確に分からないけれど建物自体の竣工が57年なのでそれ以後になる。(ポストモダンとの絡みでいくと、ヴェンチューリの『建築の多様性と対立性』が62年。B・ルドルフスキーの『建築家なしの建築』が64年。)

マニエリスムというのは、美術史的にいえばルネサンスとバロックの間1520年から1600年あたりの、技巧(マニエラ)的で非合理的な様式をさす。ルネッサンスが古典の再発見であり、人間主義の理性的で合意的な精神にあったとすれば、マニエリスムはその変形ともとる事が出来る。背景として、ルネサンスの巨匠たちによって様々な傑作がつくられたので、マニエリスムの芸術家達はその巨匠の技術を習得しそれを如何に駆使して表現するかという事に専念していったということ。また宗教改革、蛮族の侵入によってルネサンス時の価値観は揺さぶられ、先の見えない危機的な状況を色濃く反映している。たとえば、静的な均衡を保ったダビンチのそれに対して、ミケランジェロの人物はどれも不自然に体をねじり苦悶しているようもみえる。
バロックとの相違についてはワイリーサイファーの『ルネサンス様式の4段階』にもあるように、マニエリスムとは、時代の危機的な分裂状態にたいして、それでも知や認識を通して乗り越えようとしたもので、対してバロックはカトリック的に感性の力で乗り切ろうとしたとされている。

で、このマニエリスムという概念が1950年代にあらわれ、70年代にブームになったというあたりで、マニエリスムについてはこの辺にしておいてロウの話に戻る。(若桑みどりさんのマニエリスム芸術論は読みやすくかなりエキサイティングしてよめるマニエリスム本です。)


『理想的ヴィラの数学』はコルビジェのサボア邸とパラディオのヴィラ・ロトンダの比較から入り、同じくガルシュの住宅とマルコンテンタ荘の比較がなされていく。
この表面的には違って見える(心理的、物理的な重量感と、時には船であったり体育館でありたいとする)マルコンテンタとガルシュの住宅を比較する事で、ロウはガルシュの住宅にひそむマニエリスム的な性質をあぶり出していこうとする。

最初にクリストファー・レンのパラグラフから「自然による美=数学的、幾何学的」と「慣習による美」という考えが示される事になる。

そうするとガルシュの住宅とマルコンテンタ荘はともに「自然による美」によっているようにみえる。それは最初の平面の比較によっても同意させられる事になる。しかしロウは、その後両者の比較を形式的かつ、主体的感性的に行い、両者の数学的規範とはことなる要素を浮かび上がらせていく。

ガルシュでは、平面上数学的規範は柱の配置に見られるが、いわゆる自由な平面によって中心性は薄れ、Z型のバランスがつくられている。立面においても全体は幾何学的に構成されているが、水平にはしる窓や非シンメトリーな付加物によって中心性は崩されている。マルコンテンタでも、平面は数学的な規範が強く表現されているが、立面は古代ローマのオーダーという「慣習による美」によってなりたっている。そしてこの対立する関係性こそファサードを生み出す原動力となっているとされる。

こうして数学的模範にしたがいつつも、それとは対立する要素(慣習による美)が同時に存在している。対立している要素が、解消されずにそのまま統一されるという「曖昧性/両義性」という概念がみいだされる。

そしてこの「曖昧性」は、ガルシュにおいてさらに、水平方向への拡張という「概念」と、絶対に存在する建物の境界に「視覚的に」行き着く事になる、ということの対立に適応される事になる。水平に広がっていくのとは逆の方法として、テラスや屋上庭園が大きくえぐりとられ、「エネルギーの衝撃力を逆方向に持ち込む」という対立的な方法が同時によういられている。

またマルコンテンタでみられた、「自然による美」と「慣習による美」の対立はコルビジェにも引き継がれ、ローマという絶対的基準をもったパラディオと違い、折衷主義やロマン主義を経た時代のコルビジェは、「最も寛大かつ独創的な折衷主義者」として、さまざまなエレメントを類推的に引用し、対立的な物で満たし、なおかつそのまま統一してしまう。


とにかく、ロウが近代建築の中に「曖昧性」という概念を見つけ出した事は、後のヴェンチューリへ、またコルビジェの折衷主義的態度はポストモダン的な姿勢に繋がっていくし、またロウの純粋に美学的な分析手法はネオモダンへと繋がっていくとみると、その重要さははかりしれない気がする。

つづく。。。
[PR]
by shinichi-log | 2008-04-26 00:10 | Comments(0)
Rice の 収穫
現代建築研究会の機関紙「Rice vol,3」がやっとできることになりました。
自分の力不足で、年末からほぼ半年遅れですが、5月末には配布できそうです。

一応2年で3冊つくったので、続けていきたいのだけれど研究会はお休み中。
引き継いでやってくれる学生求む。色々バックアップします。という状況。

それか社会人含めた月1,2度の勉強会ということで継続していこうか。。。
[PR]
by shinichi-log | 2008-04-25 01:49 | daily | Comments(0)
堰が切れる
行き場のなく淀む水のような状態から、

突然物事が流れ出す。

流れ出すと止まらない。


実施を進めるための拠点が三条河原町にできそう。GWに床はがしたりはったりペンキ塗ったりするので、人手募集です。だれか手伝って下さい。

FPMのsound Concierje Japan。選曲がなんかすごい。
一曲目に100sって!!最後はELTだし。
[PR]
by shinichi-log | 2008-04-23 00:42 | daily | Comments(7)
低気圧と東京へ そして春休みの終わり
Prada・・・ちょっとびっくり
e0055325_27192.jpg


今日は久しぶりにいい天気だった。

木曜日の夜の夜行で東京に向かったのだけれど、大雨と並走。土砂降りの雨の中新宿につく。金曜は夜まで予定もなく、特に見に行きたい展覧会もなかったの、たまたまやってるのを知った、丸ビルのTAKEOpapershowへ。年々内容は面白くなくなっていってるような気もするけれど、印刷に疎いものとしては、同じ紙でも印刷の仕方によってかなり印象が変わってくるというのがよくわかってその点おもしろかった。そういう意味では、いつものように紙をどう面白くプロダクトやパッケージに利用するかではなく、よりダイレクトに紙と印刷にしぼられていたように感じる。ほんと紙と印刷ともに奥が深い。。。

その後新丸ビルに初めて行って、目黒へ。目黒駅そばにある聖アンセルモ教会を訪ねる。
e0055325_203491.jpg

レーモンド設計のRC打ち放し、折板構造の屋根の建築。光と空間のダイナミックさをみせるのには、うち放しという粗野の表現がとてもよいように感じる。曇りにも関わらず垂直のスリットから柔らかな光が入り込み、オルガンの演奏(多分練習中)も聞け、とても落ち着いた時間を過ごす事が出来た。

そこから表参道に出て、DIESELで開催中の丸田さんの「Suspended Figure」と岡田公彦さんの「Another Geography」を見る。丸田さんは、物の意味と形の意味の宙づりというのに対し、岡田さんのはより感覚的な宙づり状態(天井から落ちてくるような塊の重量と、だけれどもそれが薄いアルミ箔で出来ているために感じる浮力)が作り出されていておもしろかった。丸田さんは青木さんの事務所出身らしいなと感じるし、岡田さんのは石上さんの風船を思い出したり。

夜は西荻窪でharuharuとArchisiteの打ち合わせ。で荻窪のMtmr家に泊めてもらう。この前あったのが半年前というのが驚き。

翌日は、理科大のkoyo主催のArchiliveに参加。久しぶりに「マニエリスムと近代建築」をじっくり読む。とても刺激的な読書会。参加してるメンバーも、早稲田だったり東大だったり、明治だったり。横のつながりが学部の時から活発なのがうらやましい。
AirやDescのメンバーとも知り合いになれたのは大きな収穫。かなりアクティブでおもしろいことにどん欲な姿勢、そして行動力はとても参考になる。Archisiteにからめて何か一緒に出来れば楽しそう。

その後新宿にもどり夜行の時間まで、ニシクミ、ノウミちゃんらと飲み。みんな結構充実した仕事環境みたいだ。大変ではあるだろうけれど。

で京都にもどりました。

この前の実施のプレゼンの結果が出て、とりあえず僕らの案で進む事になりました。
春休みが終わります。。。
[PR]
by shinichi-log | 2008-04-21 02:07 | daily | Comments(2)
通学してしまった。。。
ここ数日学校に通ってしまっている。やはり卒業するとすごく行きづらくはなる。
今は前やってた実施が少し待ちの状態なので、webmagazineの企画を進めつつぼちぼちやってます。名前は「Archisite」になりそう。。

金曜、土曜は東京に行きます。
おもしろいことあれば教えて下さい。

東京というと6月に「建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳」という展覧会があるらしい。見所がかなりおもしろそう。メルクリ初来日
特に・・・
□アーティストの田中功起が青木について、カタログに寄稿。
□展示は、青木淳建築計画事務所所員時代に青森県立美術館を担当した西澤徹夫がデザイン。
は興味深い。そういえば青木さんは田中さんのカタログに寄稿してたし、10+1でも対談していた。
[PR]
by shinichi-log | 2008-04-17 02:26 | daily | Comments(0)
完璧さ
e0055325_13525427.jpg
なんかパーフェクトな感じがする。。。

先週は花粉症に悩まされたりでなんだか気怠い一週間。用事も全然はかどらず・・・

週末気晴らしに少し遠出の散歩に行く。あまり行く事のない京都の西側を散策。
まだ行った事のなかった仁和寺へ。後から知ったのだけど桜の名所らしく、しかもちょうど満開だったのですごい人。なにも週末に出てこなくてもよかったかなと少し思う。

e0055325_1353736.jpg
ここの桜は御室桜といって、樹高があまり高くなく、まるっこいプロポーションの比較的白い花の桜。それが桜林のごとく植えられており、よくあるの桜の通り抜け以上に桜の花に囲まれた感じ。まるで迷路。桜の花が低いところに咲いているのも密度感を増している。

帰りに本野精吾の自邸を見る。植栽の向こう側、住宅街の中にたたずむ古い洋館を思わせる。しかしそれは日本初のコンクリートむき出し住宅(建築mapによると大正13年)であり、機能主義の設計者の意図により洋館的装飾をもたないモダニズム建築。時を経て黒ずんだコンクリートの表情とがっちりした姿が、落ち着いた佇まいをつくりだす。
e0055325_13532051.jpg


しかし、タイルでできた表札から始まり、ポーチを支える柱がレンガだったり、日本の風土に対応したという大きめに出た軒という要素が、この住宅にチャーミングさを与えている気がした。

この住宅のように時間を経て生き続けるモダニズム建築を見るといつも、今の建築と対比させてしまいたくなる。
ありきたりの話だけれど、現代建築は出来た時は透明感があって美しく魅力的であり、おそらくベストな状態といえるだろうけど、果たしてそのような現在性のみによって建築を考えていていいのだろうか。それは現代的感性といえばそれまでだが、時間の経過によって生まれてくる“素敵な質”を黙殺してしまうのはもったいない気がする。
[PR]
by shinichi-log | 2008-04-14 13:54 | daily | Comments(3)
休日っぽく。。。
pantaloon
e0055325_0514852.jpg



天気がいいので洗濯をし布団を干す。
昼から宝塚に戻るついでに大阪によって、国立国際で「エミリー・ウングワレー展」をみる。80歳を過ぎてから油絵を書き出し、その後8年間に3000点ほどの作品を生み出したアボリジニのスピリチュアルばあちゃん。

ただの民族性の強いプリミティブアートと思ってはいけない。極めて完成度の高いアブストラクトが展開されている。

絵は、アボリジニの伝統的なボディーペインティングに端を発し、彼女の故郷の自然、生命そのものから生まれてきたように、力強く不思議な輝きを持っている。おそらくは西洋の抽象表現主義などには触れた事のないのに、不思議と具象的なモチーフは見られない。点、線、そして面に還元、むしろ自然物が現象としてとらえ直されその現象のみを取り出したような。つまりは生命のエッセンスなのかもしれない。通常白のキャンバスが黒く塗られる事で、画面におかれた豊かな色点や線は美しさを増して発光してくる。オーストリアの大地がこんなにも豊かなのかと思わせるようなドローイングたち。
彼女が祖先から引き継いできたドリーミングが、キャンバスの上で語られていく。

死ぬ2週間前にかかれた20枚ほどの絵があって、それらはそれまでの作風とは全く新しいものだった事に感動する。13日まで。


その後、中津のギャラリーPANTALOONへ。趣のある中津商店街を通ってアクセスするというプチ異世界体験と、長屋の中に現れる異空間。インテリアもとてもきれいで、古い梁の見せ方とかも上手。おっきな吹き抜けがあったり、手すりのないロフトだったり、2件が無理矢理つながってたり、、、空間的にもかなり楽しい。

行った時はちょうどレセプションパーティー+ミニイベントの時で満員だったけれど、ナカタマサヒロのつくりだす結晶の風景は非常に繊細で美しい。ここでは、自然が別の現象に置き換えられて提示されている。

中津はいい感じ。で、よさげな古本屋で美術手帳のデヴィッドリンチ特集と現代思想のハイパー都市、SVの雑誌特集を購入。
[PR]
by shinichi-log | 2008-04-05 23:49 | daily | Comments(1)
nagoya
流れに流れていた名古屋でのプロジェクトのプレゼンがあったので、早朝車で京都を発つ。
久しぶりの運転ではあったが順調にとばし時間通りに到着。名古屋で、一緒にやっているY君と合流しプレゼンの場所へ。

プレゼンは基本的にはうまくいった感じ。十分意図と提案のコンセプトを理解してもらえたんではないかと思う。後はデベのほうがどういう決断をするのか。社長のワンマンなので少し怖いけれど。具体的な次のステップはわからないけど、それでも別の敷地に取りあえず建ててみるというような話もあったので、前向きに検討してもらえそう。あまり期待せず待ちます。

その後プロジェクトの敷地を見に名古屋市の北に位置する犬山市へ。少し迷った後無事到着。敷地は現在桃畑で、季節がいいので一面の桃の花。少し奥まったところにあるのでまさしく桃源郷。そこを開発してしまうことに対してとてももったいないと感じつつも、もし実現できるなら、最大限この風景を継承できるようにしていきたいと思う。建築というのは非常に暴力的な行為である。

せっかくなので有名な犬山城を少し見に行く。犬山市はただのベッドタウンではなく犬山城を中心に歴史と自然豊かな町並みを残しており、一見の価値あり。国宝の茶室「如庵」もあり、また少し離れたところには明治村(ライトの帝国ホテル)もあって、見所が非常に多い。桜も見事で非常にいい時期に訪れることが出来た。

みそかつを食し、名古屋駅前のスパイラルを見、帰路へ。
e0055325_1453985.jpg

[PR]
by shinichi-log | 2008-04-03 23:45 | Comments(0)
New project -Archisite-
年度が変わり、晴れて無職という状態に。少しカッコつけるとフリーランスなのかもしれないけど、周りの人が入社式だなんだで新生活に突入しているのを横目に少し寂しい気分だ。

実施のプロジェクトがほんとに実施されるのかも怪しくなってきたので、なんとか食いつなぎながらなんかイベントやっていけたらなと思う。最近。

とりあえず、4月中にRiceの発行と新しいWebMagazineを発行していく予定。これはみんなの投稿型の作品掲載ページで、プロジェクト段階のものや、コンペの作品なんかも対象にしてるので、面白そうだったら参加してほしいです。
[PR]
by shinichi-log | 2008-04-01 22:50 | Comments(0)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新の記事
あれもこれも味方につける
at 2016-07-04 17:52
ちっぽけな苦痛に耐えられない人々
at 2016-07-02 18:18
パラーディオの街
at 2016-06-12 23:48
意識的な「素材」のチューニン..
at 2016-04-23 20:45
組織と塊
at 2015-11-15 01:32
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
more...
検索
カテゴリ
全体
daily
RAD
Lecture log
review
告知
dezain.net
最新のコメント
Disengage p..
by bridgetvz18 at 15:36
Pron blog l..
by esmeraldasy18 at 10:35
Pron blog n..
by tashare18 at 16:49
Unripe bare..
by jayxh16 at 17:09
My new gay ..
by theresayj1 at 10:40
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧