カテゴリ:daily( 229 )
あれもこれも味方につける
e0055325_17515935.jpg

昨日は、西澤徹夫さんにお誘いいただき生瀬のオープンハウスへ。正確には西宮市だけど宝塚らしい厳しい傾斜の山手の住宅地。全面道路の傾斜を引き込むようなスロープ、それに呼応するような少し折れ曲がった躯体に、少し長めに突き出た軒という愛らしい佇まい。内部はRCに直接床板が載っているだけだったり、RCの立ち上がりが巾木になっているなど、モノの扱われ方を観察するのが楽しい。

建物自体はとてもコンパクトなので、この土木的なスロープが少し大袈裟なような気もしたが、裏側に広がる森が敷地であること、またスロープ下の半屋外空間の親密さを見ると、これくらいの存在感がちょうど良いのだと実感。また、周辺の住宅も敷地と道路のつなぎ目で土木的なつくりと建築的なスケールがせめぎあっていて、風景との連続性をこうした敷地との関係の中で作り出しているように感じた。

下地/仕上げ、土木/建築、地形/敷地、そして人/人以外の存在の間に通常引かれるスラッシュが丁寧に「チューニング」し直されているところが西澤さんらしいと、とも言えるのではないだろうか。


夜は今日で結婚1年ということで、妻と二人で念願のごだん宮ざわへ。丁寧に調理された料理と細やかな心遣いにとても楽しい時間を過ごすことができた。「美味しい」という感覚はかなりいい加減なもので場面や状況に応じて変化するものだが、「楽しい」は、食材の一つ一つ、それが盛られるお皿の一つ一つに込められているストーリーを感じ、それが連なっていく様を味わうことで生まれる。またそれは時間がとても上手に扱われていたはずで、それは「コントロール」するではなく「味方につける」なのだろうなといたく感服してしまった。


で「チューニング」っていうのも、いろいろな空間の要素を「コントロール」すると言うより、それらを「味方につける」ための仕込みのようなものなのかもと、強引に思考の回路をくっつけてみる。
[PR]
by shinichi-log | 2016-07-04 17:52 | daily | Comments(0)
ちっぽけな苦痛に耐えられない人々
イギリスのユーロ離脱のニュースに関して。

EUが掲げる「多様性の中の統合」という理念には大きく共感を抱いているが、同時に地域主権の大切さも理解出来る。統合によって、自分たちが生きる上での選択肢が巨大な機構に支配されてしまうことへの違和感。イギリス国民の離脱への意思表示は、この理念そのものの失敗ではなく、進化を続ける共同体において、これまでとは異なる次元の多様性への違和感が生まれた時に起きた「技術的未熟さ」によるものだったと考えたい。これまでの(政治的、社会的、経済的)な統治のための技術では対処しきれない、新しい状況が起こっている。それは、排外主義的な自己中心的な考え方を支持するものではなく、次のステージに上がるための新しい(統治の)技術が、今必要とされている、そんなことの表れではないかと思った。

戦争や巨大な災害といったものからくる苦痛は「運命」「歴史」「超自然的な力」といったどうしようもない存在のせいにしてしまうことで、以外と我慢できる生き物ものなのかもしれない。自分の生を壮大な物語に位置付けることができるから。逆に、日常生活で感じる些細な苦痛に私たちはどうしようもなく我慢できない生き物のようだ。そこに、自分の人生に素晴らしい意味をあたえてくれる物語はなさそうだ。そして、その原因が具体的に身近にいれば尚更なのだろう(実際のところその原因が、彼の個人的なものではなく歴史的背景を持つものだとしても)。ゴミが散らかっている、バスが混んでいる、なんか不安、その原因は近所に引っ越してきたあの人たちのせいに違いない。それが些細で、人生の意味と関わりがないような、そして誰かのせいにできる(それが自分より立場が弱い者であれば尚更)状況であればあるほど。
[PR]
by shinichi-log | 2016-07-02 18:18 | daily | Comments(0)
パラーディオの街
※なぜか画像が横倒しにしかならないです。すみません。。。
e0055325_2346224.jpg


少し前のことになってしまったけれど、ベネチアから特急列車で40分、後期ルネサンス期の建築家パラーディオの街として有名なVicenzaへ足を伸ばした。学生時代にイタリアを旅行した時に、この街のユースホステルで数泊し、周辺の街を巡ったこと記憶もあり、懐かしい再訪となった。実は、その時にもパラーディオ建築を見て巡っていたはずだが、正直よくわかっていなかった、というか何も見えていなかったんだと改めて反省させられた。

この街には、その名の通りパラーディオが設計したパラッツォ、教会、劇場が点在し、街から少し離れた丘の上にはかの有名なヴィラ・ロトンダも建っている。彼がパラッツォをこの街でいくつも建設できたのは、どうやら単なる人気建築家だったからというだけでなく、当時ヨーロッパで最新のデザインだったローマ時代の建築様式を用いた建物によって、ベネチアの支配下にありつつもVicenzaという街の権勢を示そうという有力者たちの想いがあったようだ。

学生時代にも数日この町に滞在し、ここを拠点に周辺の街を巡ったことがあった。その時にもパラーディオ建築を見てはいたはずだが、何も見えてなかったんだと反省。今回は非常に収穫の多い見学だったので幾つか感想とメモを残しておこうと思う。

More
[PR]
by shinichi-log | 2016-06-12 23:48 | daily | Comments(0)
ワンアイデアからワンアクションへ
仕事の関係で建築新人戦へ。
最優秀に選ばれたのは九州大学の作品。
町家に筋交いの壁(断面的に斜めの壁)を挿入するというもの。
一見ワンアイデアの大振りな案に見えたが、実際には筋交いの挿入というワンアクションで複数の課題にたいして言及している。ワンアイデアのおもしろさというよりも、ワンアクションの鮮やかさとでもいうのだろうか。ツッコミどころも多いかもしれないが、2回生後期の課題作品にたいして多くを求めすぎるのは如何なものかと思う。

ともあれ、このワンアクション。
実際はかなりコンテクストに依存している。
コンテクストが理解できなければこの操作の意味や意義がなかなか理解できず、単なる形態操作のためのワンアイデアとしてしか受け止められない可能性も高そうだ。逆に言うと、ワンアイデアはコンテクストに依存しなくても、そのおもしろさが伝わりやすいものと理解できるかもしれない。

今後、この作品はアジア大会にも出展されるようだが、そこでは木造の町家に筋交いをいれるということにたいする共通のコンテクストが成り立たない。では、いかなる戦略が求められるのか。丁寧にコンテクストを伝えたうえで、ワンアクションの意義を問うのか。もしくはワンアイデアとしてみせることで、コンテクストを共有しない場において作品のプレゼンスを問うのか。

明日はSDレビューの公開プレゼンが大学であるので、今日のような発見を楽しみに参加したい。
[PR]
by shinichi-log | 2015-10-04 00:40 | daily | Comments(0)
今は亡き「湖国」
先週後半は余呉湖へ。念願の徳山鮨でおいしいひと時。
余呉湖でとれた鰻やあゆ、すっぽんに、山の幸を合わせるという見事なアクロバティクを披露していただいた。朝日をあびてうっすらと蒸気が立ち上る余呉湖は殊の外美しかった。
e0055325_2121459.jpg


さて滋賀県はご存知のとおり湖国と呼ばれている。日本で一番大きな湖「琵琶湖」の存在がそう呼ばせているんだろう。けれど今回余呉湖を訪れ、またかつて琵琶湖周辺に40以上の内湖が存在していたということを知るにつけ、もしかしたら昔の人は次々と現れる大小の湖を見て湖国と呼んだのかもしれない、などと考えてしまった。そうした内湖の多くは近代になって干拓されて農地や宅地にされてしまった。そうしたのにはそれなりの理由もあったのだろうが、琵琶湖の生態系への影響も大きかったようだ。

人間はおそらくこれまでずっと、何かしらの方法で自然を飼いならそうとしてきた。その試みの一部は、人間にとって失敗し大きな環境破壊を生み、また一方でそれは成功して人と自然が共存しているかのような風景を生み出してもいる。なので、干拓してしまったことをとやかくいうわけでもないが、今はなき内湖の風景を私たちはおそらく半永久的に失ってしまったことが、ただ少し残念だと思った。

ちょうど帰りに話題のラコリーナに寄ろうと車を走らせていると、やたらとフラットな土地が広がっている。気になって地名を見ると「大中」という地名。かつて最大の内湖「大中湖」があったその上を走っていた。
[PR]
by shinichi-log | 2015-08-21 21:03 | daily | Comments(0)
坂出人口土地
坂出人口土地を見てきた。
e0055325_19323446.jpg

坂出人口土地は香川県の坂出市の駅からすぐのところに建っている。
一階の街路に面したところに店舗を配し、背後には駐車場、そして2層以上(実際は一階の階高が2層分)に団地が計画されている。1968年竣工の一期から1986年の4期まで建設が続けられ、一部には市民ホールまで付属している。なぜ人口土地というかというと、住宅の載っている2層目がコンクリートの地盤になっているからで、その上にいわゆる団地が建ち並んでいる。人口土地というコンセプトは頭では理解できていたのだけれど、実際にどんな空間なのか、ほんとうに土地として感じることができるのか、ということが写真をみただけでは正直全然ピンと来ていなかった。
e0055325_1933993.jpg

さて、念願の人口土地に降り立ってみると(実際には登り切ると)やはりというか、そこを素直に土地として受け入れるには難しい。ただし非常によくできた立体的な屋上空間だと言われればすっきりする。屋上だけど車が停まっていたり、そこいらに花壇や木が植えてあるので、とても街的、路地的な空間が生まれている。しかものぺっと地盤が一枚あるだけかと思っていたら、部分的に2層になっていたり、傾斜があったり(市民ホールの斜めの屋根の上に段々上の住宅が立ち並んでいる)とかなり立体的な土地が想定されているようだ。また、大高さん設計の住棟も年代によってデザインが微妙に異なっており、どれも大変かっこいい。

現在では老朽化や、部屋の狭さ、お風呂がないなどの理由で空き室が目立つ。人口土地というコンセプトにはおそらく下部構造としての土地があり、上部構造としての住棟が更新されていくというイメージがあったのではないかと思われるが、現実にはそれも難しいようだ。もしかしたら人口土地以前に立ち並んでいた木造バラックのような建築であったなら更新も可能であったかもしれないが。

e0055325_19334958.jpg

とはいえ、老朽化は進んでいるものの、入り組んだ住戸の配置や、身体的なスケール感は大変魅力的であるし、ずっと住み続けている住人による様々な増改築のつくりだす雰囲気は、建物を生き生きとさせている。そして坂出人口土地はある時代の理念が結実した貴重な証言でもある。すでにdocomomo100選にも選ばれ、また市でも活用の動きを探っているようなので、丁寧な利用と保存を期待したい。

あまり期待していなかった市民ホール(当然、大高さんの設計なのだろうと思われる)だが、これがよかった。壁面は重厚感のある木パネルで覆われ、天井は頂部に向かって細やかな木のルーバーが用いられており、大変美しい。

e0055325_1934971.jpg

[PR]
by shinichi-log | 2015-08-21 19:34 | daily | Comments(0)
10+1で原稿を書かせてもらった。
建築プロジェクトの「展示方法」について、勉強しながら書きました。空間体験そのものよりもリサーチやプロセス、出来事を重視する建築プロジェクトで、何をどのように「展示」することが可能なのかというお話です。
プロジェクトそのものの記録をいかに詳細に語っても、建築家が知ってほしいことをいくら伝えようとしても十全な伝達は不可能だ。むしろプロジェクトの中で構築されている関係性や政治性を、展示空間に書き込んでおく必要があるんじゃないかという趣旨。ここまで書いてないけど、ただのいい話の紹介じゃダメで、その背後の「何か」の質が結構重要で、それが質であるのなら、空間から感じ取るもの、読み取るものとして展示も成立できるのではって流れ。

http://10plus1.jp/monthly/2015/06/issue-03.php
[PR]
by shinichi-log | 2015-06-09 06:10 | daily | Comments(0)
大見新村で「クラウドファンディング」しています!
e0055325_20553374.jpg

開始してから少し時間が経ってしまいましたが・・・。京都市内の廃村を新しい村として復活させようと3年前から取り組んでいる「大見新村プロジェクト」内の、古民家を改修して村の新しい拠点をつくる取り組みがクラウドファンディングをスタートさせました。(ご協力お願いします。。。)

https://readyfor.jp/projects/oomishinson

この改修は、リーダーの藤井さんが住んでいる古民家の使っていない(痛みがはげしくて使えなかった)2部屋を新たな拠点として整備しようというものです。これまでも村の可能性を探るためにいろいろな取り組みを行なってきたけれど、屋内の活動拠点が8畳ほどの小屋のみという状況でいろいろ不便なこともあり、新たな拠点をということで始めたものです。

この部屋は村の入り口付近にあるため、ここを活用することは単なる活動場所の面積が増える以上に、元村民の方や村を訪れる人との交流の拠点となることが期待できます。で、ようはクラウドファンディングご協力いただければと思っているのですが、今回のクラウドファンディングは拠点整備の中心メンバーでもある北さんが主に発案、運営をおこなってくれています。

北さんは、僕と同い年の建築が専門の研究者。RADを初めてわりとすぐに知り合い、それ以来交流が続いている。一昨年僕がうらやむ博士号取得し、今は京大の先生。そんな北さんも、修士卒業後は渋谷に本社のあったディベロッパーで働いていた過去も、、、それが今は京都の廃村の古民家の改修費用集めに奔走している、というのもなんだかおかしなものだ。大見新村プロジェクトにも初期から関わってくれており、今ではいろいろな意味でいなくてはならない存在で、台風の際には命がけで大見に滞在してくれたり、いろいろ武勇伝を残しつつある。クラウドファンドのページにはマメな北さんらしい細やかなテキストが綴られています。ちょっと文章多いですけど笑。

さて、ちょっとあらためて・・・。大見新村は、京都市内から車で約一時間。僕自身はここに住むことを今は考えていない。この村を存続させたいと願うリーダーの藤井さんの想いを、どうすれば実現できるのだろうかと考えることが自分の役割だと思っている。それは、別に里山環境大好きとか、かわいそうとかそういうものだけではなくて、正直このご時世に村を新しく復活させるということが、ちょっと自分的に未知で、とてもわくわくできるということなんだと思う。それに車で一時間の距離に気軽に楽しめる里山の環境があるというのは、街に暮らしている側にとってもとても大きな魅力ではないかとも。

だんだん脱線してきてしまったけれど、ちょっと停滞気味で不安をおぼえる残り40日のクラウドファンディング。完成の際は支援者のみなさんと一緒に、成功を記念する新しい村のお祭りをひらき、一緒に喜びを分かち合いたいなーと思います(勝手に書いてる、でもしたい)。

特にこれまで大見に来ていただいた方々、何卒ご支援のほどよろしくお願いします。
https://readyfor.jp/projects/oomishinson
[PR]
by shinichi-log | 2015-02-18 21:01 | daily | Comments(0)
非対称な世界を繋ぐもの-山城大督「HUMAN EMOTIONS」(雑感)
山城大督の京都で初の個展「HUMAN EMOTIONS」が今日からArtzoneにて開催されている。山城君は、Nadegata Instant Partyというアートプロジェクトで活動していたり、蓮沼執太のPVをつくっていたりする↓映像作家。

5年前、京都芸術センターで開かれた展覧会の打ち上げで出会い、同い年だったということもあって、なんとなく知り合いになったのがきっかけで、その後インタビューをさせてもらったり、かぼそい繋がりかもしれないが、その活動に大変共感を寄せているアーティストの一人だといえる。

複数台のカメラを使って撮影された子どもたちのつくりだす状況を、その同じ場所で、複数のモニターに囲まれながら鑑賞する。画面に流れる映像は、今ここにいる場所で起った出来事で、今ここで自分は体験しているが、しかしそれらがパラレルに存在していることで、すべてはここではないどこかを強く感じさせるような体験を突きつけられる。

また、子どもという透明な存在が意識されればされるほど、その背後の環境が顕在化し、行為の主体と環境(そこには大人も含む)の非対称性が強く現れてくるようだ。この「非対称性」こそ世界のあらゆる衝突を生み出し、また同時に愛情(親が子を想うような)をつくりだす根源だと考えるとどうなるだろうか。山城くんが所属するNadegata Instant Partyのプロジェクトにも実はこの非対称性がとても強く意識されている。けれどもその構図の中において、無意識の内にそうした非対称な関係がうちくずされ混ざり合うような場面が生み出されている。徹底的な虚構をつくり出す先に、それでもなおその虚構をやぶるような瞬間を生み出す一体感は何によって生まれるのか。まあ、単純にその答えがEMOTIONだっていうのは少しはばかられるが、自我という反省的な視点(これもすでに自分の内部での非対称性)をもたない子どもの振る舞いを通じて、こうした問題について考えさせてくれる。

さきにも触れたが、(たしか)8つのスクリーンとそれをみる自分という9つ目のスクリーンによって体験されるその場所という経験自体も大変興味深かった。
[PR]
by shinichi-log | 2015-02-07 01:59 | daily | Comments(0)
生活工芸とオリーブの時代
増田寛也編著の「地方消滅」がおもいのほか早く読み終わったので、さらなる移動時間の暇つぶしのために酒井順子「オリーブの罠」という新書を購入。本年度から精華大学のファッションコースの演習で非常勤していることもあり一応の知識を得ておこうということで。著者は高校2年生から同雑誌に寄稿していたエッセイストで、1982年に平凡社によって創刊された雑誌「オリーブ」についてその時代背景とそのメッセージを記している。これが意外と明日の鞍田崇さんのトークイベント「生活工芸の時代と大見新村」について考えるうえでよいきっかけに。(以下かなり強引です。)
e0055325_1142019.jpg


More
[PR]
by shinichi-log | 2015-01-17 01:05 | daily | Comments(0)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31