あれもこれも味方につける
e0055325_17515935.jpg

昨日は、西澤徹夫さんにお誘いいただき生瀬のオープンハウスへ。正確には西宮市だけど宝塚らしい厳しい傾斜の山手の住宅地。全面道路の傾斜を引き込むようなスロープ、それに呼応するような少し折れ曲がった躯体に、少し長めに突き出た軒という愛らしい佇まい。内部はRCに直接床板が載っているだけだったり、RCの立ち上がりが巾木になっているなど、モノの扱われ方を観察するのが楽しい。

建物自体はとてもコンパクトなので、この土木的なスロープが少し大袈裟なような気もしたが、裏側に広がる森が敷地であること、またスロープ下の半屋外空間の親密さを見ると、これくらいの存在感がちょうど良いのだと実感。また、周辺の住宅も敷地と道路のつなぎ目で土木的なつくりと建築的なスケールがせめぎあっていて、風景との連続性をこうした敷地との関係の中で作り出しているように感じた。

下地/仕上げ、土木/建築、地形/敷地、そして人/人以外の存在の間に通常引かれるスラッシュが丁寧に「チューニング」し直されているところが西澤さんらしいと、とも言えるのではないだろうか。


夜は今日で結婚1年ということで、妻と二人で念願のごだん宮ざわへ。丁寧に調理された料理と細やかな心遣いにとても楽しい時間を過ごすことができた。「美味しい」という感覚はかなりいい加減なもので場面や状況に応じて変化するものだが、「楽しい」は、食材の一つ一つ、それが盛られるお皿の一つ一つに込められているストーリーを感じ、それが連なっていく様を味わうことで生まれる。またそれは時間がとても上手に扱われていたはずで、それは「コントロール」するではなく「味方につける」なのだろうなといたく感服してしまった。


で「チューニング」っていうのも、いろいろな空間の要素を「コントロール」すると言うより、それらを「味方につける」ための仕込みのようなものなのかもと、強引に思考の回路をくっつけてみる。
[PR]
# by shinichi-log | 2016-07-04 17:52 | daily | Comments(0)
ちっぽけな苦痛に耐えられない人々
イギリスのユーロ離脱のニュースに関して。

EUが掲げる「多様性の中の統合」という理念には大きく共感を抱いているが、同時に地域主権の大切さも理解出来る。統合によって、自分たちが生きる上での選択肢が巨大な機構に支配されてしまうことへの違和感。イギリス国民の離脱への意思表示は、この理念そのものの失敗ではなく、進化を続ける共同体において、これまでとは異なる次元の多様性への違和感が生まれた時に起きた「技術的未熟さ」によるものだったと考えたい。これまでの(政治的、社会的、経済的)な統治のための技術では対処しきれない、新しい状況が起こっている。それは、排外主義的な自己中心的な考え方を支持するものではなく、次のステージに上がるための新しい(統治の)技術が、今必要とされている、そんなことの表れではないかと思った。

戦争や巨大な災害といったものからくる苦痛は「運命」「歴史」「超自然的な力」といったどうしようもない存在のせいにしてしまうことで、以外と我慢できる生き物ものなのかもしれない。自分の生を壮大な物語に位置付けることができるから。逆に、日常生活で感じる些細な苦痛に私たちはどうしようもなく我慢できない生き物のようだ。そこに、自分の人生に素晴らしい意味をあたえてくれる物語はなさそうだ。そして、その原因が具体的に身近にいれば尚更なのだろう(実際のところその原因が、彼の個人的なものではなく歴史的背景を持つものだとしても)。ゴミが散らかっている、バスが混んでいる、なんか不安、その原因は近所に引っ越してきたあの人たちのせいに違いない。それが些細で、人生の意味と関わりがないような、そして誰かのせいにできる(それが自分より立場が弱い者であれば尚更)状況であればあるほど。
[PR]
# by shinichi-log | 2016-07-02 18:18 | daily | Comments(0)
パラーディオの街
※なぜか画像が横倒しにしかならないです。すみません。。。
e0055325_2346224.jpg


少し前のことになってしまったけれど、ベネチアから特急列車で40分、後期ルネサンス期の建築家パラーディオの街として有名なVicenzaへ足を伸ばした。学生時代にイタリアを旅行した時に、この街のユースホステルで数泊し、周辺の街を巡ったこと記憶もあり、懐かしい再訪となった。実は、その時にもパラーディオ建築を見て巡っていたはずだが、正直よくわかっていなかった、というか何も見えていなかったんだと改めて反省させられた。

この街には、その名の通りパラーディオが設計したパラッツォ、教会、劇場が点在し、街から少し離れた丘の上にはかの有名なヴィラ・ロトンダも建っている。彼がパラッツォをこの街でいくつも建設できたのは、どうやら単なる人気建築家だったからというだけでなく、当時ヨーロッパで最新のデザインだったローマ時代の建築様式を用いた建物によって、ベネチアの支配下にありつつもVicenzaという街の権勢を示そうという有力者たちの想いがあったようだ。

学生時代にも数日この町に滞在し、ここを拠点に周辺の街を巡ったことがあった。その時にもパラーディオ建築を見てはいたはずだが、何も見えてなかったんだと反省。今回は非常に収穫の多い見学だったので幾つか感想とメモを残しておこうと思う。

More
[PR]
# by shinichi-log | 2016-06-12 23:48 | daily | Comments(0)
意識的な「素材」のチューニングが生み出す「仕上げ」
京都 山科の住宅 by ARTENVARCH

京都から滋賀へと向かう国道沿いの道から少し入ったところにある南面の斜面を造成して造られた住宅地に建つ若い夫婦のための住宅。北から南に向けて高くなる3つの切妻屋根を持つ構成で、一番南側は1、2階ともに屋外空間となっており、坂の下からアプローチするとこの大きな気積を持ったフレームが印象的に出迎える。一般的な縁側空間は軒を深く出し、風景を水平に切り取りつつ、内部に適度な影を作り出すわけだが、ここでは半屋外空間の屋根が一番高く設定され、独立した部屋として設計されている。真ん中のボリュームの内側から外を見ると、まず(真ん中のボリュームの)軒裏が見え、その先のもう一層高い位置に軒裏が見える。この反復の操作が、内部の開放感を一層高めている。

内部の仕上げは基本的に床・壁・天井ともにフレキシブルボード素地仕上げ(床のにウレタン塗布)で、そこに既製品の高性能サッシがつき、バルコニーはむき出しのファインフロアとブレース、農業用シートを使ったカーテン、ガルバリウムの笠木と全体的に即物的に素材が用いられている印象を受ける。一方で、建物全体は「グレー」の色味に統一されるように慎重にチューニングされている。具体的には、クライアントの要望から選ばれたグレーのフレキシブルボード、景観条例によるであろうグレーの外壁とそれに近しい色味のサッシ、カーテン、手すり、木材への塗装、一部ホワイトが用いられているが、曇り空の下ではそれらもグレーの階調の中に溶け込んでいる。つまり、素材のレベルでは即物的に「仕上げていない」が、全体でみるとそれらは「仕上げられている」と感じられる。そっけなく使用されている「素材」と、意識的な「素材」のチューニングが生み出す「仕上げ」。

そう考えると「仕上げ」という状態は、そのもの単体において生まれる状態というよりも、建築全体における他の素材の状態との関係の中で決まってくるものとして捉えられる。仕上げが集積して全体が作られるのではなく、全体の中で「仕上げ」という状態が決まってくる。そうするとこのグレーという色そのものが「仕上げ」であることや、装飾的な要素であることをこえて、この住宅における「仕上げ」という状態を規定していると考えられ興味深い。その他、性能面についてもかなり意識的に取り組間れており、次は「性能」と絡めつつ「仕上げ」についての話を伺ってみたい。
[PR]
# by shinichi-log | 2016-04-23 20:45 | Comments(0)
組織と塊
先日、大見で指導のもとに鹿の脚をさばく機会があった。肉を適度な大きさに切り分けるというようなものではなく、筋肉と筋肉の間に包丁を丁寧に差し込み、引き離していく。土の中からわずかな鉱脈を探るように繊細な操作が求められる。切るではなく捌く。様々な働きを持った筋肉を解きほぐす。肉の塊ではなく、筋肉の組織だと認識すること。
[PR]
# by shinichi-log | 2015-11-15 01:32 | Comments(0)
可視化される壁
グローバルな資本優位の世界では
資本と人の流動性は分かち難く結びつく。
資本の蓄積が進むところに、人も集積する。

そして資本は流れれば流れるほど持つものはより多く持ち、
持たざるものはますます難しいことになる。
そうして生まれる格差は、エリアの分布として可視化される。
結果、同じ一つの都市に二つの異なる民族が、隔りを持って存在することになる。

パリはその境界がどの都市よりも明確だ。
かつての城壁のように現在では超高速の車の流れが
この二つの民族を分断する。
内側は世界中の人々を魅了し、活気ある様々な催しがおこなわれる。
それに対して外側は、パリを維持する様々な機能を持ちつつも、見向きもされ無い。
結果、対立は先鋭化し、壁が築かれる。
(イスラエルとパレスチナの壁のようにそれは計画的に作られた)
その先にあるのはエスカレートする運命にある小競り合いだ。

東京は、この境界が限りなく入り組んでいる。
むしろそれはパッチワーク状に都市全域を覆っている。
一部のエリアは開発され尽くした結果、大きなセルを形成しているものの、
そのすぐ隣には時代に取り残されたような極小のセルが存在している。
対立はパリとは違った方法で見えないものとされているし、
その方法は対立を先鋭化させるのではなく、内側に取り込む。
見えないようにすることで、無いものとすることの危うさは、
なお潜在性として存在し続ける。

グランパリはこの境界の外側までを対象として含む。
東京から比べるとその一つ一つのセルはかなり大きいが
内と外の対立の激化を和らげるためのパッチワークへの変換が目論まれている。
それがうまく機能するかは、誰にもわからない。

今のところ、都市の境界が指し示す分断が、
最悪の結末を示しつつあるのかもしれない。
[PR]
# by shinichi-log | 2015-11-15 01:21 | Comments(0)
サイゴンの熱波
e0055325_2341659.jpg

昨日まで、某企画の取材でベトナム、ホーチミン(サイゴン)を訪問。実は初めての東南アジア。洪水のように押し寄せるバイクの群れ、路上の屋台、非常に巨大な街路樹、次々と建設されていく高層ビル、まさに発展中の都市の熱気を身体中で感じることができ、大変良い経験ができた。心配していた食べ物も、現地に行ってみればこういう美味しさもあるのかと脳のモードが変換されていろいろとチャレンジできたものの、舌はごまかせても胃腸はごまかせず、、、

e0055325_2361328.jpg

その中でも、一番印象的なのはやはり大量のバイク。車は税金が高いらしく庶民はもっぱらバイク。しかも二人乗りは当たり前で、3人、ひどい時は4人乗りも結構見かける。しかもラッシュ時にはガンガン歩道を走り抜けていく始末。危ないこと極まりないのだけど、よく見ると観光客以外あまり歩いていない。みんな移動はバイクだから歩道を走行してもそこまで害はないのかもしれない。おあつらえ向きに歩道の淵の縁石も勾配が付いていて簡単に乗り上げ可能だったりする。

とはいえ意外に歩道は広い。中心部は都市計画がしっかりと作られているためだと思われるが、そのため歩きやすいというのではなく、路上に客席が展開し、バイクが走る。

バイクや歩道自体は日本にも存在しているものの、それをどのように用いるのかというところにローカリティが反映されていて興味ふかい。考え方やプロダクトは世界的に均質化しつつも、それが実際に使われる場面において差異生まれ、コンテクストが浮かび上がる。

最終日には、ボー・チョン・ギア事務所の作品を4つほど見学(岩元さん、ありがとうございます)。日本で竹構造に取り組まれている陶器先生も一緒だったので、日本の竹建築との違いについての話も伺うことができて興味深かった(そもそも竹の種類がぜんぜん違うわけだけど)。ギア事務所の初期と最近の竹の建築両方を見せてもらったが、接合の方法や規模が確実に発展している様子を確認することができた。その他、屋上緑化された保育園と、元パートナーの西沢さんがパートナー時代に設計された住宅を見学。こちらは「グリーンビルディング」というギア事務所のもう一つの大きなテーマを反映している作品たちなのだろう。特に住宅の方は巧みな断面構成と壁面の装飾ブロックが豊かな光と影、風といった室内環境を建築全体につくり出しており、また隅々まで丁寧にデザインされたディテールと相まって、大変印象深い空間体験だった。
e0055325_2391611.jpg


おまけ・・・現地で建設コンサルを経営している方に話を聞くことができたが、今ではベトナム国内のゼネコンも技術力を上げてきており、高層ビルを自力で建設できるようになっているのだという。韓国や中国企業が下請けに入ることも珍しくないという。シーザーペリが設計した、頂部の照明デザインが美しい構造ビルもベトナムのゼネコンが手がけている。「手先が器用で真似が上手い」日本人とも通じる国民性を持っているベトナムがどのように発展していくのだろうか。
e0055325_23134738.jpg

e0055325_23145436.jpg

[PR]
# by shinichi-log | 2015-10-27 23:16 | Comments(0)
水のなせる技 - DE06のメモ
DESIGN EAST06が、山口と大阪を舞台に「豊かな水資源」を切り口としておこなわれた。
残念ながら山口の2デイズは参加できなかったが、3日目の大阪に参加してきた。

午前中は大正区のクルーズ。水の都大阪らしく大正区はその周囲をすべて運河で囲まれる。その周囲をぐるっと回ると、コンテナ、倉庫、資源置き場、そして工場など河川、港湾を構成する要素が次々と現れる。大正区長の軽妙なガイドアナウンスのもと、普段見ることのできない運河からみた都市が可視化される。

e0055325_13501879.png


More
[PR]
# by shinichi-log | 2015-10-13 13:58 | Comments(0)
ワンアイデアからワンアクションへ
仕事の関係で建築新人戦へ。
最優秀に選ばれたのは九州大学の作品。
町家に筋交いの壁(断面的に斜めの壁)を挿入するというもの。
一見ワンアイデアの大振りな案に見えたが、実際には筋交いの挿入というワンアクションで複数の課題にたいして言及している。ワンアイデアのおもしろさというよりも、ワンアクションの鮮やかさとでもいうのだろうか。ツッコミどころも多いかもしれないが、2回生後期の課題作品にたいして多くを求めすぎるのは如何なものかと思う。

ともあれ、このワンアクション。
実際はかなりコンテクストに依存している。
コンテクストが理解できなければこの操作の意味や意義がなかなか理解できず、単なる形態操作のためのワンアイデアとしてしか受け止められない可能性も高そうだ。逆に言うと、ワンアイデアはコンテクストに依存しなくても、そのおもしろさが伝わりやすいものと理解できるかもしれない。

今後、この作品はアジア大会にも出展されるようだが、そこでは木造の町家に筋交いをいれるということにたいする共通のコンテクストが成り立たない。では、いかなる戦略が求められるのか。丁寧にコンテクストを伝えたうえで、ワンアクションの意義を問うのか。もしくはワンアイデアとしてみせることで、コンテクストを共有しない場において作品のプレゼンスを問うのか。

明日はSDレビューの公開プレゼンが大学であるので、今日のような発見を楽しみに参加したい。
[PR]
# by shinichi-log | 2015-10-04 00:40 | daily | Comments(0)
既視感の先に - 安保法案の採決について
街中では安部やめろ、戦争法案反対のデモ行進。
テレビでは既視感でしかない強行採決。

確かに今日の採決のやりかたは(毎度のコトながら)許しがたいものだった。
だがしかし、どうしてもデモに熱く加わろうというふうに思えない。
思えないというか、思わないということを許容しようとしない空気にたいしてどうしても距離を取りたくなる。

「デモ」は民主主義の非常に重要な表現行為だと思う。
それゆえそれは権力によって妨害、制御されるべきものでもない。
警察のコントロール下でなければ、許可を取らなければできないようなものでは違うはずだ。
それはもっとナチュラルなものでよいと考える。

けれども、デモそのものが現実の仕組みを変えうるものかというとそれは違う。
デモは表現行為であるのだからそれが変えうるのはいわば「空気」だ。
そして、当然ながら世の中の空気を変えることは非常に重要なことだ。
特に日本のように空気を読むことに非常に重きをおく文化であればなおされではないだろうか。
しかし、おそらく私たちが築き上げてきた立憲主義にのっとった民主主義というのは、
そうした空気によって恣意的に政治が、現実が変わらないようにという
かなりめんどくさくて、慎重な仕組みをつくりだしてきたのではないかと思う。

たしかにデモが表現する民意は無視してはいけないが、
デモは適切な選挙行為とともにあるべきではないか。
デモに足を運べる人は限られている。
突き詰めれば可能かもしれないが参加のハードルが人によってかなり差が生まれる。

それにたいして選挙はだれもが投票できるような制度を私たちはつくってきた。
だから、デモによって空気を変え、選挙によって現実を、政治を変える。

その上で、選挙に行こう、落選させようだけではダメだということを真剣に考える必要がある。
落選させるにも、代わりにだれかに投票しないことには実現されない。
代わりとなる選択肢がないことをどうすれば解決できるのだろうか。
観点はいろいろあるだろうが、個人的にはその一点につきると思っている。
われわれはいかに参政権の拡大をはかれるのだろうか。
[PR]
# by shinichi-log | 2015-09-18 02:29 | Comments(0)
中川先生の新刊「京都の近代」
現在の指導教官でもある中川理先生による新刊「京都の近代」が発売中。すずらんの街灯の紹介から始まり、単なる京都の近代化についてまとめだけでなく、近代化されていく空間の生成と受容の関係に注目し、政治、民衆、そして建築家などの技術者の役割についても検証が加えられている。また中川先生のこれまでの著書「重税都市」「偽装するニッポン―公共施設のディズニーランダゼイション」「風景学」などで考察されてきた複数のテーマが、京都という都市の近代化を舞台とし、一冊にまとめられていると考えることもできそう。

京都市と府の技師・技手の役割や、四条通の建築デザインのディレクションが武田五一に依頼されていたなど、興味ふかい事実も紹介され、現在の京都がどのように近代的産物であるかがよくわかる。
[PR]
# by shinichi-log | 2015-09-13 04:07 | Comments(0)
かくかくしかじか
ちょっと前まで結構漫画熱でいろいろ読んでいたのだけれど
その中でも東村アキコの「かくかくしかじか」はとてもすばらしい作品だった。
あのどくとくのハイテンション+芸大への辛辣なつっこみがツボだったということもあるが
なんとなく誤魔化してきた過去の償いきれなさみたいなもの、どこまでも身勝手に生きれてしまうこと、みたいなことが絶妙のテンポで綴られている。
[PR]
# by shinichi-log | 2015-09-13 03:37 | Comments(0)
建築のキュレーションとこれから
先日、東京での公開からは随分と遅れて京都で「だれもしらない建築のはなし」が上映された。
この映画のもとになったベネチア建築ビエンナーレには、関西のリサーチチームとして参加していたものの、映像を見る機会を逃していたのでやっと願いが叶ったという感があった。

プロローグの安藤、伊東といった流れに始まって、大変リズミカルに進行していく語りをまとめる編集のうまさもさることながら、各建築家がとてもオープンに意見を述べているのが印象的だった。伝説化してしまっているP3のような出来事が本人の口から語られることでとても生っぽいものだったことが再確認できる。

映画の中でも大きく取り上げられている磯崎の「キュレーション」的振る舞いに共感と、改めて興味を感じるとともに、現在において建築のキュレーションとはどのようなカタチで実現しうるものなのだろうかとも思わされた(建築展のキュレーションとは別なものとして)。社会と建築家の接点をつくる仕組み。行政と建築家をつなぐコミッショナー、不動産事業におけるプロデューサーという立場だけでなく、建築家と社会のネットワークを生み出すアーキテクチャを構想することに現在的なキュレーションの意義が存在しているのかもしれない。

余談だが、映画の中でもとても印象的で、カタログにも記載されている「ただ、正しい時間にただしい光が差し込むそういった美しさがあった」というレムの発言には、どこかフェルメールの絵画に描かれる室内について述べているような趣もあり、オランダ人としてのレムの美意識が感じられて興味深かった。日本人もフェルメールが大好きだ。
[PR]
# by shinichi-log | 2015-09-07 13:10 | Comments(0)
今は亡き「湖国」
先週後半は余呉湖へ。念願の徳山鮨でおいしいひと時。
余呉湖でとれた鰻やあゆ、すっぽんに、山の幸を合わせるという見事なアクロバティクを披露していただいた。朝日をあびてうっすらと蒸気が立ち上る余呉湖は殊の外美しかった。
e0055325_2121459.jpg


さて滋賀県はご存知のとおり湖国と呼ばれている。日本で一番大きな湖「琵琶湖」の存在がそう呼ばせているんだろう。けれど今回余呉湖を訪れ、またかつて琵琶湖周辺に40以上の内湖が存在していたということを知るにつけ、もしかしたら昔の人は次々と現れる大小の湖を見て湖国と呼んだのかもしれない、などと考えてしまった。そうした内湖の多くは近代になって干拓されて農地や宅地にされてしまった。そうしたのにはそれなりの理由もあったのだろうが、琵琶湖の生態系への影響も大きかったようだ。

人間はおそらくこれまでずっと、何かしらの方法で自然を飼いならそうとしてきた。その試みの一部は、人間にとって失敗し大きな環境破壊を生み、また一方でそれは成功して人と自然が共存しているかのような風景を生み出してもいる。なので、干拓してしまったことをとやかくいうわけでもないが、今はなき内湖の風景を私たちはおそらく半永久的に失ってしまったことが、ただ少し残念だと思った。

ちょうど帰りに話題のラコリーナに寄ろうと車を走らせていると、やたらとフラットな土地が広がっている。気になって地名を見ると「大中」という地名。かつて最大の内湖「大中湖」があったその上を走っていた。
[PR]
# by shinichi-log | 2015-08-21 21:03 | daily | Comments(0)
坂出人口土地
坂出人口土地を見てきた。
e0055325_19323446.jpg

坂出人口土地は香川県の坂出市の駅からすぐのところに建っている。
一階の街路に面したところに店舗を配し、背後には駐車場、そして2層以上(実際は一階の階高が2層分)に団地が計画されている。1968年竣工の一期から1986年の4期まで建設が続けられ、一部には市民ホールまで付属している。なぜ人口土地というかというと、住宅の載っている2層目がコンクリートの地盤になっているからで、その上にいわゆる団地が建ち並んでいる。人口土地というコンセプトは頭では理解できていたのだけれど、実際にどんな空間なのか、ほんとうに土地として感じることができるのか、ということが写真をみただけでは正直全然ピンと来ていなかった。
e0055325_1933993.jpg

さて、念願の人口土地に降り立ってみると(実際には登り切ると)やはりというか、そこを素直に土地として受け入れるには難しい。ただし非常によくできた立体的な屋上空間だと言われればすっきりする。屋上だけど車が停まっていたり、そこいらに花壇や木が植えてあるので、とても街的、路地的な空間が生まれている。しかものぺっと地盤が一枚あるだけかと思っていたら、部分的に2層になっていたり、傾斜があったり(市民ホールの斜めの屋根の上に段々上の住宅が立ち並んでいる)とかなり立体的な土地が想定されているようだ。また、大高さん設計の住棟も年代によってデザインが微妙に異なっており、どれも大変かっこいい。

現在では老朽化や、部屋の狭さ、お風呂がないなどの理由で空き室が目立つ。人口土地というコンセプトにはおそらく下部構造としての土地があり、上部構造としての住棟が更新されていくというイメージがあったのではないかと思われるが、現実にはそれも難しいようだ。もしかしたら人口土地以前に立ち並んでいた木造バラックのような建築であったなら更新も可能であったかもしれないが。

e0055325_19334958.jpg

とはいえ、老朽化は進んでいるものの、入り組んだ住戸の配置や、身体的なスケール感は大変魅力的であるし、ずっと住み続けている住人による様々な増改築のつくりだす雰囲気は、建物を生き生きとさせている。そして坂出人口土地はある時代の理念が結実した貴重な証言でもある。すでにdocomomo100選にも選ばれ、また市でも活用の動きを探っているようなので、丁寧な利用と保存を期待したい。

あまり期待していなかった市民ホール(当然、大高さんの設計なのだろうと思われる)だが、これがよかった。壁面は重厚感のある木パネルで覆われ、天井は頂部に向かって細やかな木のルーバーが用いられており、大変美しい。

e0055325_1934971.jpg

[PR]
# by shinichi-log | 2015-08-21 19:34 | daily | Comments(0)



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30