群衆の中で孤独に生きる
e0055325_3532660.jpg

金曜日サントリーミュージアムの「ディーターラムス」展へ。
終了間際に駆け込む感じになったが、行ってよかった。
一体整形で、少し丸みを帯びたデザイン、シンプルでありながら豊か。

今のMACに通じるデザインポリシー。初期のレコードプレーヤーなどは、スケールこそ違えど、あきらかにipodだし、携帯ラジオのデザインも同様にipodなどのデザインに大きな影響を与えているのがわかる。

工業デザインの重要性を語ってたラムスのインタビューがあって、それを聞きながら建築の場合十分に工業デザインとしての建築という可能性が追求されているのだろうかと疑問に思う。。。

ハウスメーカーの住宅は工業化されているのかもしれないが、そこに一級のモダンデザインがなされているとは言いがたく、同時に建築家の住宅は一点物の工芸品か芸術品と化している。そこにはどうしても場所性を引き受けなければならないという問題はあるけれど。

ただ、近代建築の初期において工業化、工業デザインは自明な目標であったのが(コルビジェでさえ初期には量産型の建築を考案)、その後産業としてのハウスメーカーとスタイルとしてのモダンデザインに分裂してしまったような印象を受ける。

ipodの様な建築。。。
と色々考えさせられる展覧会でもあります。

最近、島袋展といいあまり行く気がなかった展覧会ほど収穫が大きい気がする。


その後、ハルの家で焼き肉。おいしいデパ地下肉に舌鼓。
翌日から社員旅行で関西に戻ってきていたナリ、えっちゃんも合流。


土曜はREAD TANKーA programの一回目でした。『Log』『Volume』をよむという内容。今回はそれぞれの雑誌のイントロダクション。当初はRADの2人だけかと想像していたのだけれど合計4人で。

終了後大阪のarchiforumへ、中村竜治さんの講演会を聴きにいく。
archiforumは本当に関西で建築関係者が集まれる貴重な場になっています。

日曜日ハーモニーコリンの『MISTER LONELY』をDVDで観る。
おかしみの中にある物悲しさをうまく表現している映画。
[PR]
by shinichi-log | 2009-01-26 03:54 | daily | Comments(3)
Commented by S to U at 2009-01-29 20:05 x
俺も、年末か年始やったか見に行きました。
まったく同じような感じで、終了間際に駆け込んで
ミュージアム手ップナンかもしまてって。
何気なくいった展覧会にしては、どえらくヒットでした。同感です。
カタログも買っちゃいました。
シンプルなキャンバスの上のレイアウト勝負
ってな感じで。良かったです。




Commented by shinichi-log at 2009-02-01 00:19
そうなんや。
カタログ早くゲットしたいです。
Commented by S to U at 2009-02-01 15:37 x
最後の文章上、カタログがめっちゃ良いみたいな感じになってるけど、そう意味じゃないです。
すんません笑
<< 25日以後 ほぼ私的な日記・・・東京 >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
あれもこれも味方につける
at 2016-07-04 17:52
ちっぽけな苦痛に耐えられない人々
at 2016-07-02 18:18
パラーディオの街
at 2016-06-12 23:48
意識的な「素材」のチューニン..
at 2016-04-23 20:45
組織と塊
at 2015-11-15 01:32
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
more...
検索
カテゴリ
全体
daily
RAD
Lecture log
review
告知
dezain.net
最新のコメント
Disengage p..
by bridgetvz18 at 15:36
Pron blog l..
by esmeraldasy18 at 10:35
Pron blog n..
by tashare18 at 16:49
Unripe bare..
by jayxh16 at 17:09
My new gay ..
by theresayj1 at 10:40
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧