コールハースは語る、その後
コールハースのインタビュー本を購入。
楽しみにしていたのにあっという間に読み終わってしまい残念。。。

いくつかのインタビューの寄せ集めであるために全体のパースペクティブを欠いてしまっている印象も否めないのだが、そのような様々な領域を横断的にまた断続的に移動しながらすすむ思考は極めてコールハース的とも言えるのかもしれない。

そしてほとんど彼の活動のインパクトしか受容しえていないのだと改めて気付かされることになる。

文化と政治の問題、ノスタルジーとルネサンスの関係、市場経済、中国的都市、etc...。建築が都市の中にあって、またグローバルな世界にあってどう存在する事が出来るのだろうか、、、
[PR]
by shinichi-log | 2008-10-23 23:45 | review | Comments(0)
<< 市田良彦LectureLog 船研のりの秋空に >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31