play vol5!play+!
e0055325_23215098.jpg

4月からC.0.のイベントとして緩い感じでやっている、学校での上映会イベント。
今週でvol5。紛らわしいけど0からやっているので6回目。

やはり、コンテンツの力はすごくて、マニアックなアートものよりも、パフォーマンス系(演劇)。そしてアニメーションの実力はおそるべしな感じ。

前回vol4はアラーキーのアラキネマを上映。ポルノまがいの写真が学校の壁に映されているのはなんとも爽快な感じ。人少なかったけど・・・。個人的な話になるけど不思議な事に、アラキネマの後いろんなところでアラーキーの作品に触れる機会があった。一つはデュマスの展覧会場で、もう一つは造形大で上映された「彼岸から」という大野一雄とアラーキーのパフォーマンス。対象との近さ、親密さ。生と死へ向かう美しさ。この生と死を表現できるのはアートの力で、デザインの表現の範囲外にあるものなんだろうと漠然と思った。

vol5は「mindgame」。studio4°、湯浅氏、吉本工業というかなりいっちゃってる作品。好き嫌いあるだろうなーとは思いつつ、あのポジティブな姿勢はうらやましく思えもする。来てくれた人ありがとう。

そうはいってもそろそろただ他人の映像流すっていうのにもマンネリ化を覚えてきたので現在「play+」を計画中。来週、再来週あたりで一度やってみたいと思っているので、見に来てほしいです。

e0055325_2321883.jpg

[PR]
by shinichi-log | 2007-06-07 23:24 | daily | Comments(0)
<< バス/寝袋/寝袋/バス 作り手として >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30