どくろ
e0055325_1313711.jpg


akira氏がヨーロッパから帰国されました。帰ってくるなり、締め切り前のコンペ案の大幅修正をくらい、必死こいてなおしました。

>ケ・ブランリー という美術館の写真を見せてもらいました。不思議の国が広がっていました。まだ木が行儀いい感じだったけど、めちゃシュール。な割りには意外といいらしいです。もしくは評価の基準が難しい?

ヌーベルの有名なこれまでの作品(アラブからナントなミニマルな芳醇さというかエロさ)のかんじとは少し違ってむしろ、初期の作品の方法論に近い感じがした。コラージュ的(まさしくシュールレアリスムな感じ)で、文脈のずらしが行われ、通常の価値、感覚が揺さぶられる。視覚的にではなくより概念のレベルで。tani氏が指摘しているように、「意味の上でのメタフォリカルな抽象化」なのか。

上の写真のクリスタルの頭蓋骨もみれちゃうそうです。普通に楽しそう。

明日も出勤。てか徹夜かな・・・
[PR]
by shinichi-log | 2006-09-23 01:47 | daily | Comments(2)
Commented by Ken at 2006-09-23 02:44 x
いやぁ、これは日本語で書かれてあるがさっぱりわからんぞい。
Commented by shinichi-log at 2006-09-23 12:55
ようは、そっちに行きたいということです。
<< これはすごいと思います。 Sindoi Darui >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30