ちゃりにのって
一昨日は夜打合せの後、徹夜で模型つくりでした。おかげで昨日は昼から時間がとれたので、自転車に乗って行って来ました。表参道ヒルズに。もう少し遅い感があるかもしれませんが・・・。なんと移り変わりの速いことか!!

何となく知っていたけど、家から表参道まであっという間だったので驚いた。

途中GAギャラリーによって、H&deMのエルクロを立ち見。結構昔のとかぶってるのが多かったけど、写真も新しいし別の視点から眺めれたのがよかった。スタディー模型もいっぱい載ってるのも参考になった。彼らの建築に感じられる空間のテクスチャーの豊かさとか、艶っぽさ、場所の驚きと言うものが、近代とは違う新しい物として提示されている。ミニマルな抽象性とは違った、より映像的で感覚的な還元がなされているきがする。ついでにみた展覧会も、CGバリバリのプレゼンの中に、極めて手書風のANDOさんの図面とドローイングが新鮮だった。

それで表参道ヒルズは予想通り?予想以上によくなかった。というかあまり気にいらなかった。これまでにたくさんの意見が出されているのでもうとやかく言う気にはならないけど。はっきり言って単調だ。ANDOの持つ独特の緊張感も空間には反映されている気もしないし(あえて言ううなら、都市から閉じていることか?)、商業空間としては、楽しさとか、豪華な感じがしない。確かに地下なのに実際の地上レベルを感じさせないとか、各レベルでの環境にあまり差がないと言うのは、プログラム上はうまいのかもしれないけれど・・・。
表参道ヒルズ挟んでの表参道側と裏側。同じ立ち位置から。
e0055325_0332690.jpg


e0055325_0333958.jpg

東京の面白いのは、通り一本で全く環境が変わっていくところ。ほとんどそれぞれが独立して成り立っているよう。

おまけいうとちょこっと残された同潤会の階段室。ケヤキとの距離感の近さがすごく感じられる。正方形のプロポーションもかわいい。
e0055325_033495.jpg


その後は、青山プラダに行って、手前のギャルソンのプランの分節方法に改めてすごいなと感じて、青山ブックセンター本店にはじめて行ってみる。雑誌の充実が半端ない。ただちょっと場所わかりにくくないかな・・・?

e0055325_0363512.jpg
途中でnakata.netcafeを発見。すっごい並んでた。ちょうどspiralの向いです。

帰りは渋谷まで出て、少し迷いかけた上に、何年か前のヤマンバの悪夢再び状態に。なので家まで必死に逃げ帰りました。久々に運動した感のある一日だった。
[PR]
by shinichi-log | 2006-07-13 00:44 | daily | Comments(0)
<< tokyokyotoたわー 時計 >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30