先週のことだけど
結局おおいにGWしてしまった。別にこんなに人の多いときに出かけたりせんくてもええんやけど。でも楽しかった。

就職してなかなか会えん友達とかにあえたし、天気もずっとよかったし。

月曜は久しぶりに街中に出てみた。就職した友達が遊びに来ていたので、少しべた観光コースをまわってみたり。辻利は20分待ちとかで、少しわけ判らん感じもしたけど並んで食べた。まあうまいわな。

最近思うんは、街の変化のスピード。半年いない間に結構な店がなくなり、それと同じくらい新しい店ができている。それは北大路でも四条界隈でも同じで。洛北高校前のクパパがなくなってたのは少しショックった。都市はどんどん更新されていく。僕らは、記憶として街を記録していく。だけどそれと同じくらい、街を構成する店とか風景に、記憶や思い出を刻みこんでいくのだとしたら(つまりある場所は記憶の媒介物として、もしくは外部記憶としてあるのなら)、僕らの記憶やなんやらは、常に変化していってるのかもしれない。

なんて訳のわからないことを考えてしまった。とにかくだ、いろいろと変わってしまったということ。良くも悪くも。

寺町に新しく陶器のギャラリー兼ショップを発見。若手作家の作品とか中心においてるみたい。
最近ちょっとはまりかけ。テクスチャーの美しさと、明快なフォルムの美しさ面白さにひかれる。
似合わないかもしれないが花器が特にいいと思う。器は少し生活感あるし、そうでなければ幾分仰々しい。

いきなり夏が来たような暖かさ。冬布団から夏布団にチェンジ。
[PR]
by shinichi-log | 2006-05-01 15:31 | daily | Comments(0)
<< おおさか freedom >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31