組織と塊
先日、大見で指導のもとに鹿の脚をさばく機会があった。肉を適度な大きさに切り分けるというようなものではなく、筋肉と筋肉の間に包丁を丁寧に差し込み、引き離していく。土の中からわずかな鉱脈を探るように繊細な操作が求められる。切るではなく捌く。様々な働きを持った筋肉を解きほぐす。肉の塊ではなく、筋肉の組織だと認識すること。
[PR]
by shinichi-log | 2015-11-15 01:32 | Comments(0)
<< 意識的な「素材」のチューニング... 可視化される壁 >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31