アトリエ・ワン「マイクロパブリック展」
GW、日帰り強行で広島現代美術館で開催中のアトリエワンの展覧会「マイクロパブリックスペース」を観に行った。

展覧会は、建築家ユニットのアトリエワンが2000年以降取り組んでいる人々の振る舞いによる小さな公共空間のリサーチとそれをベースにした作品と、近年彼らが取り組んだ公共的な建築プロジェクトを紹介したものだ。タイトルになっている「マイクロパブリックスペース」とは、都市計画的に作られる公による広場や公園ではなく、都市の物理的な環境と、そこに暮らす人々の慣習的な振る舞いが生み出す都市の風景のことを指す。そして彼らは、それらを先鋭化、結合、アイコン化させて生み出される移動式の装置が都市の中に再挿入し、マイクロパブリックスペースと呼ぶべき空間の生産を試みている。近年では、渋谷の宮下公園や北本駅前広場のプロジェクトにおいても、発展的に応用されている(ことが展示で示されていた。)

アトリエワンは、これまでもリサーチの結果としてのドキュメントを、これまでもすぐれた方法で提示してきた。メディアの選び方そして、単線のアクソメのドローイングなどの表現において。ともすれば社会状況の提示、社会的なプロジェクトの結果の報告に終わってしまうリサーチやプロジェクトという行為を、作品へと昇華させている。そして、それが研究になり、書籍になり、理論になり、作品になる。

展示会場には、過去に様々な場所のリサーチを通じて制作された移動式(仮設)の装置(実践)とともに、簡潔な解説文(分析)、実際に使われている状況の動画(ドキュメント)が設置され、来場者は展示物に触れたり中に入ったりしながら鑑賞することができる。これは、建築の展示によくあるような実際の空間体験を重視するというよりは、装置にふれることで生まれる身体的な身振りなどによって、異なる都市空間でのリサーチと実践のドキュメントを補強することが目指されていたように思われる。

うまく言えないが、単に実際に空間を体験できるというスペクタクルなアトラクション的な展示を目指すものではなく、実際の社会の中で構築された状況、生産された空間を美術館という制度の中で提示するための、きわめて独創的で形式的な表現の構造が用意されているという意味で、きわめて今日的なテーマをはらんだ美術展ではなかったか、と思われる。

追記・・・後半の北本や宮下公園を表現した大きなドローイングについては、敷地やその場所を利用する人々だけでなく、その街全体の施設の様相や人々の過ごし方(施設に来る前にはどんなところにいるのか、どういう人たちがいる街なのか、など)が、設計のためのコンテクストとして認識されている。3つのドローイングがどれも半屋外的なものだったのもあるだろうが、それぞれが都市に編み込まれている様が、マイクロパブリックスペースの連続として見えてくる。
[PR]
by shinichi-log | 2014-05-06 22:38 | review | Comments(0)
<< 輪中の郷 ファッション(イメージ)と政治... >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30