コアなのかハブなのか
普段お世話になっている原さんや山本さんが頑張っておられるコアネットワークというものの立ち上げの会に呼んでいただいたので行ってきました。ディスカッションというコーナーで、VoiceGalleryの松尾さんと狂言師の茂山さんとご一緒させていただいて、コアネットワークの未来について妄想するという内容。個人的には、Voiceの松尾さんとこうして同席させてもらう事になろうとは夢にも思っていなかったし、同い年の狂言師さんと知り合いになれるなど、貴重な機会だったなと。ただ事業自体は、ソフトなハコをつくったから後はみんなでなんとかしてね、という感じでこれからどうなるのか先の見えない感じは否めない。

とはいえ、これは大きく行政側の思惑からは外れるかもしれないけれど、きちんと京都の文化行政を監視する、もしくは提言していくような団体になるとかはいいかもしれない。これだけ各ジャンルの専門家が集まっているのだから。新しい文化をつくろうとする面々がどう実行力と影響力を生み出し、現実を変えていけるのか。さてさて、、、
[PR]
by shinichi-log | 2013-07-01 21:14 | daily | Comments(0)
<< サラリーマンの格好 3人のクライアントと3人の建築家 >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30