マテリアルコラージュ/建築模型 - 「minako irie Drawing 展」
RADのプロジェクトにも参加してくれている入江さんの初個展(http://oinai-karasuma.jp/blog/2013/04/01/309/)へ。彼女は建築を学んでこの春に大学院を卒業している。とはいえこれは建築展ではなく、彼女がライフワークにしていたドローイングの展覧会だ。



ドローイングとはいえ、日々の生活の中でみつけてきた素材をもちいたコラージュなのだが、おもしろかったのはこのコラージュの素材のしかたがとても建築模型的だったこと。模型を作るとき、そこにはスケールが存在するので実際の素材をそのまま用いると素材の「肌理」だけが1/1になってしまい違和感を生じさせることがある。そのため模型ではある程度抽象化と見立てが行なわれることになるのだが、それがコラージュにも持ち込まれているためにモチーフの如何に関わらず、どことなく建築模型特有の質感が現れていた。それは通常であればモチーフのレベルで行なわれるであろう見立てが、マテリアルのレベルで取り組まれていたことによる。

また展示会場にはドローイングだけでなく、彼女が日常的に使用していたり気になっているものがディスプレーされていて、空間的な体験が意識されていたことも、小規模な展示ながら満足度の高い展示になっていたのではないだろうか。
[PR]
by shinichi-log | 2013-04-14 12:08 | daily | Comments(0)
<< さかきとしっしーの結婚パーティ コノハナアドベンチャー2:子供鉅人 >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30