無題
べつにどうでもよい事

特に震災以後、と言われるようになって建築学生の目の向く先がずいぶんと変わってきたようにも感じる。社会に目を向ける事がトレンド化する。
それによっておそらく、昨日藤村さんが言っていたけど、建てないということが魅力的に写るという現象が起こっている。その片棒を担っていると言えなくはないが、誰かのためにやっているわけではないので別によい。

できれば学生の時はできるだけ夢を見るのがいいと思う。できるだけ大きな夢をみて、世の中がどうなろうと、好きな建築家の作品ができれば長い時間かけて見に行くし、建築雑誌を眺めるのが至福の時間であるべきだ。そうして深く根を張ってこそ振り向ける世界もあると思うから。

なんかちょっとまじめすぎない?
[PR]
by shinichi-log | 2011-08-18 01:52 | daily | Comments(0)
<< 「サステナブルデザイン」とは? 2011.05.11 - 05.31 >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30