文化人、知識人&ART
今日からassistantの展示が再開。
とはいえ年明けすぐで客足はにぶい。

昨日読み出した本が、学者とはいかなるものかについての本だったので、ならばと南後さん共著の『文化人とは何か』をジュンク堂で購入。で、この本の元ネタでもあろう『知識人とは何か』(エドワードサイード著)も衝動買い。また、分野が建築から離れてしまった。

夕方、&artの中本さんが展示を観にこられる。サイトの運営やコンセプトについて話を聞く。どうやら中本さんも83年生まれらしい。とても落ち着いた人だ。今年行なわれるというアートフェアやそれにあわせて映像作品の流通方法についてなども話をする。百貨店(ここには優良なコレクターが顧客としてついている。)や某施設など複数箇所で去年よりも規模を大きくということらしい。
日常の中になぜアートが必要なのか?という問う。
[PR]
by shinichi-log | 2011-01-07 02:41 | daily | Comments(0)
<< リサーチのリサーチの展望と、そ... 権力と時流に迎合し不審をかう >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30