春を感じる日
e0055325_2203254.jpg

昨日から始まったアーキフォーラム2010年シリーズ。
一回目は中山英之さんだった。200人という今までに見たことの無い人だかり。
中山さんのプレゼンはなんどか見させてもらっているが、
その度に引き込まれていったしまう魅力がある。
作品もだけれど、しゃべり方が絶妙にうまい。
そこにスケッチが加わることで発揮されるコミュニケーション力の高いこと。
個人的にも色々と新しい発見もあり、また今まで曖昧だったことが整理されたりと非常によい機会となった。

その後は久しぶりに2次会、3次会、4次会まで打ち上げに参加(大阪だと終電逃すとそうせざるを得ない。。。)工繊の大先輩の堀井さんとや、神戸大学に来られた槻橋さんとも色々とお話することができてとても面白い話を聞かせてもらえた。堀井さんの工繊分析。個のポテンシャルは高いのに、ネットワーク化出来ていない(山崎さん曰く「言語」が無い)そこが問題とのこと。だからネットワークを構築すればいいかと言うとそうでもないと思うが、幅広く組織の中に散種されている工繊の状況は面白いポテンシャルだと思う。

今日は来春の実施予定のプロジェクトの運営メンバー顔合わせ。
その後、展示台の制作作業。
さすがに直径2300のテーブルはひとりでは扱いにくい。

トラフ展、予約が一杯になりました。
立ち見の人がどれだけ来て下さるのか?
キャパオーバーしたらどうしようか。それがすごく心配。
基本的にギャラリートークは展示のおまけみたいなものなのでと思ってもらえたらいいんだけどな。

それにしても、春らしい素晴らしい天気だった。
[PR]
by shinichi-log | 2010-04-26 02:21 | daily | Comments(0)
<< トラフ展 リノベーションされた空間 >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30