QCvol.2/問い(ルール)の設定について
1月スタートのQCvol.2。テーマは「町家と景観の選択肢」。
町家と景観について、よくあるような保存っていうことは一旦おいといて、
一体何が原因になっているから、町家や景観のが問題視されているのか?
どう問うことが有効なのか。
みたいなことを、都市工学、公共政策、文化地理学の先生方とともに考えていく計6回。
詳しくはこっちを。

このQCでは、何が答えかではなく、何が問われるべきかを問うということになっているけれど、ここでは、どのように問うのかということが、ある問題を考える上での「ルール」のようなものとして考えられる。結局、多くの景観、町家の議論というのが不毛なものに思えるのは、非常に単純化された「保存すべきかどうか」と問う「ルール」の中で行なわれているからだと思う。そもそもなぜ保存が必要かを問うルールがない。なので一度その既存のルール自体を疑い、その上で有効な新しい「ルール」を設定する必要がある。ルールを設定した上で、ではあなたは如何に振る舞うか?そのあたりの議論まで到達できる事を願う。
[PR]
by shinichi-log | 2009-12-08 23:57 | daily | Comments(0)
<< 美に就いて、より 自主映画の見方 >>



日々の何かについて、建築・デザインなど
by shinichi-log
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30